本日は、80年代の良質フュージョン、ダン・シーゲル(DAN SIEGEL)の「ロスト・イン・メモリー」をご紹介します。

 

dansegel

ダン・シーゲル「ロスト・イン・メモリー」 1982年

※上記は日本盤のジャケットになります。

DAN SIEGEL「ロスト・イン・メモリー」

サウンド効果

ノリノリギャル

アクティブ&爽やか!

とっても爽やか!朝イチは「ダン・シーゲル」で決まり!

ダン・シーゲル・・・?パッと一聴すると、良くコマーシャルなんかで使われてそうなポップなインストですが、聴いているとだんだんハマってきます。

これは単なるBGMではありませんよお~。 とてもメロディーが爽やかでノリがいい!インストだけでこんなに気分を盛り上げてくれるんだから大したものです!

朝いちばんはこのダン・シーゲルのLPを聞かないことには始まらない!私は最近、DAN SIEGELにハマッています(///ω///)♪

Dan Siegel「Great Expectations」・・・夏向きですよね。

もっと注目されてもイイはず!

こんなに内容がイイのに、80年代当時…なんでもっとメジャーにならなかったのかな?

フュージョンでは、シャカタクやマンハッタン・トランスファーなんかがメチャ有名だったけど、このダン・シーゲルだって内容の良さでは決してヒケを取りませんヨ!

・・・まあ80年代にクロスオーバー・フュージョンを聴いていた人なら、当然のごとくDAN SIEGELをチェックしていたでしょうけど、それにしてももっと、話題になってもいいはずのグッドセンスです。

ジャンルはスムース・ジャズ?

DAN SIEGELって、スムース・ジャズ界の「貴公子」とか「カリスマ」なんて呼ばれているキーボーディストなんですよね。

スムース・ジャズて言うと、ケニー・Gみたいな甘~いサックスを思い浮かべるかもしれないですけど、ノーマン・ブラウンみたいなカッコいいギターサウンドなんかもあって、けっこう奥が深いジャンルなんですよ。

なんて言うか、「清涼感」があって「メロウ」なジャズ・サウンド・・・それがスムース・ジャズなんですよね。もちろん、ダン・シーゲルはスムース・ジャズど真ん中のメロウで爽やかなサウンドです!

「邦題ロスト・イン・メモリー」!全曲、カッコイイ!

ダン・シーゲルは、シアトル出身のキーボード奏者。

1980年デビュー作『Nite Ride』を発表。これもなかなかカッコイイ!そして3作目の『The Hot Shot』(81年)は、ビルボードのジャズ・チャートで10週連続トップ10入りを果たしました。

THE HOT SHOT

今回ご紹介しているのは、1982年の『Dan Siegel』(邦題ロスト・イン・メモリー)・・・もう全曲、爽やか&アクティブ・・・そしてメロウ!!

 

曲目

  1. Great expectations / グレイト・エクスペクテイションズ
  2. Enchanted forest / エンチャンテッド・フォレスト
  3. Uptown / アップタウン
  4. Soaring / 風に舞う
  5. The lone ranger / ザ・ローン・レンジャー
  6. Touch and go / タッチ・アンド・ゴー
  7. Deserted beach / 誰もいないビーチ
  8. Passing time / パッシング・タイム
  9. The conqueror / 征服者

ジャケットは日本盤の「尻ジャケ」が良い!

ファンクやR&Bもいいけれど・・・やっぱり朝は爽やか&メロウなフュージョンやね!

と言うわけで、ダン・シーゲル(Dan Siegel)「ロスト・イン・メモリー」!オススメします(^◇^)

ちなみに、ジャケットは日本盤の「尻ジャケ」が良かったなぁ~。洋盤のジャケはつまらないヨ~。

 

 

ノリノリギャル

とってもノリがいいわ♡