本日は、80年代の良質フュージョン…

DAN SIEGEL(ダン・シーゲル)の「Lost In Memory」(1982年)をご紹介します。

DAN SIEGELとは?

ダン・シーゲルは、シアトル出身のキーボード奏者です。

1980年、デビュー作『Nite Ride』を発表。

そして3作目の『The Hot Shot』(81年)!

このアルバムは、ビルボードのジャズ・チャートで10週連続トップ10入りを果たしました。

DAN SIEGELは、スムース・ジャズ界の「貴公子」?

実は、DAN SIEGELって、スムース・ジャズ界の

  • 貴公子
  • カリスマ

…なんて呼ばれているキーボーディストらしいんですよね。

スムース・ジャズとは?

スムース・ジャズて言うと、ケニー・Gみたいな「甘~いサックス」もあるし、

ノーマン・ブラウンみたいなカッコいいギターなんかもあります。

けっこう「奥が深い」ジャンルなんですよ。

なんて言うか、「清涼感」があって「メロウ」なジャズ・サウンド…

それが、スムース・ジャズなんです。




DAN SIEGEL「ロスト・イン・メモリー」

では、DAN SIEGEL「Lost In Memory」は、どんなアルバムでしょうか?

語ってゆきますね。 

こんな人にオススメ

DAN SIEGELの「Lost In Memory」はこんな人にオススメです。

  • さわやかなフュージョンが好き
  • 朝に聴けるLPが欲しい
  • スムースジャズが聴きたい

サウンド効果

このアルバムの醸し出す雰囲気は…

ノリノリギャル

アクティブ&爽やか!

とても爽やか!朝イチは「DAN SIEGEL」で決まり!

ダン・シーゲルの曲って、パッと一聴すると、コマーシャルなんかで使われてそうなポップなインストです。

ですが、聴いてるとだんだんハマってきます。

とても気分が盛り上がる!

これは「単なるBGM」ではありませんよ~。

とてもメロディーが爽やか、そしてノリがいい!

インストだけで気分が盛り上がります!

朝一番は、ダン・シーゲルのLPを聞かないことには始まらない!

ディスコ・キッズ

私は、最近ハマッています(///ω///)♪

シスター

Dan Siegel「Great Expectations」

夏向きよね?

もっと注目されてイイはず!

こんなに内容がイイのに、なんで、もっとメジャーにならなかったのかな?

フュージョンと言うと、「シャカタク」や「クインシー・ジョーンズ」なんかが有名どころですよね?

でも、ダン・シーゲルも内容の良さでは決してヒケを取りませんヨ!




邦題「ロスト・イン・メモリー」!全曲、カッコイイ!

今回ご紹介しているのは、1982年の『Dan Siegel』(邦題ロスト・イン・メモリー)!

もう全曲、爽やかですよ!

「Lost In Memory」曲目

  1. Great expectations / グレイト・エクスペクテイションズ
  2. Enchanted forest / エンチャンテッド・フォレスト
  3. Uptown / アップタウン
  4. Soaring / 風に舞う
  5. The lone ranger / ザ・ローン・レンジャー
  6. Touch and go / タッチ・アンド・ゴー
  7. Deserted beach / 誰もいないビーチ
  8. Passing time / パッシング・タイム
  9. The conqueror / 征服者

Enchanted forest

いかにも、朝向きのスムース・ジャズですよね?

Uptown

「Uptown」もノリがいいですね。

なんか、いかにも「夏」って感じ!

音楽配信サービス

Dan Siegel「Lost In Memory」は、中古レコードやCDでも販売されています。

また、以下の音楽アプリでも配信されていますよ。

音楽配信サービス
Amazon Music Unlimited 配信あり
Spotify 配信あり
Apple Music 配信あり
ディスコ・キッズ

ストリーミングサービスが好きな人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

シスター

アルバムの試聴はこちら!

(Amazonにログインで試聴できます)

Dan Siegel「Lost In Memory」

ジャケットは日本盤の「尻ジャケ」が良い!

ファンクやR&Bもいいけれど…

やっぱり、朝は、さわやか&メロウなフュージョンがいいですね!

と言うわけで、ダン・シーゲル(Dan Siegel)「ロスト・イン・メモリー」

オススメします(^^♪

dansegel

ちなみに、レコードジャケットは日本盤の尻ジャケが良いですね。

洋盤のジャケは味気ないですヨ~(._.)

ですが、CDでは手に入りません。

まずは、ジャケよりも曲を聴いてみてくださいネ。