本日は、ステーシーQ の「トゥ・オブ・ハーツ」をレビューします。

ステーシーQはロサンゼルスのパンク・バンド出身のボーカリストだったらしいですネ。・・・どうりでビジュアルがそれっぽいと思った(///ω///)♪

 

Better Than Heaven

Stacey Q 「Better Than Heaven」 1986年

Stacey Q 「Better Than Heaven」

サウンド効果

アダルト・ギャル

ゆっくりしよっか♪

・・・このユルい感じ、なかなかGOODです。

ステーシーQ「トゥ・オブ・ハーツ」!ユル~い感じがいいね♪

「Two Of Hearts」・・・流行りましたね。

1986年・・・この頃ボクが勤めていたDISCOは、六本木の「ペントハウス・ナイン」というミーハー・ディスコ。

だいたい早い時間は、ステーシーQの 「トゥー・オブ・ハーツ」がかかっていたもんです。

なんと言うか・・・昔流行ったジューシィ・フルーツのような不思議系の歌声がいいんですよね~・・・力みがなくなる感じで。

※ジューシィ・フルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ
かなりクールです。最近はPerfumeってグル-プもやってるんですね(・ω・)

脱力系でなごめます!

ステーシーQの歌声は、人を脱力させる波動がありますね。

曲としてはユーロビートとテクノの中間みたいなんですが、なぜか「今日は家でゆっくりするか・・・♪」などと和んでしまいます。

当アルバム「Better Than Heaven」は似たような曲が多いけど、どれもゆっくりと和めます。

まずまずの良盤と言って良いんじゃないでしょうか。

 

Stacey Q – Two Of Hearts・・・色っぽい。

“つぶやきヴォイス”に魅了されます!

そして、ディスコでヒットした「Two Of Hearts」は、やっぱり何度聞いても不思議なテクノ・ユーロ。

「ア・アアアア・アアアア・・・アイ・ニーィ・ヂュー」のリフレインで始まり、ステーシーQの不思議で可愛い“つぶやきヴォイス”に魅了されます。

 

・・・と言うわけで、最近はとんと見かけないステーシーQ・・・今頃どうしてるんだろうか。