本日は、グローバー・ワシントン JR.の名曲を集めたベスト盤 …

「アンソロジー」(1985年)をレビューしますね。

Anthology of Grover Washington Jr.

「Grover Washington Jr.」について、語ります。

サウンド効果

ヘッドホンギャル

落ち着く、そして光明が見えてくる

80年代と言えば、Grover Washington Jrの「Winelight」!

80年代に良く聴いたレコードは、グローバー・ワシントン JR. のアルバム「Winelight(ワインライト)」でした(///ω///)♪

ぼくは、フュージョン系のインストが好きなので、こういうの大好きなのデス。

グローバー・ワシントン JR.のような曲って「スムーズ・ジャズ」って言うらしいですネ。

このアルバムの中で、「Just the Two of Us」は大ヒットしました。

ディスコ・キッズ

Grover Washington Jr.「Just the Two of Us」

ビル・ウィザースがボーカルをとってます。

でも、ちょっと、聞き飽きたかな。

「Just the Two of Us」は…ちょっと暗い?

でも、「ジャスト・ザ・トゥー・オブ・アス」って聴いてると、ちょっと暗くなっちゃうんですよね。

なんつーか… 沈んでくる(._.)。

だから、レコード屋で「Winelight」を見つけても、「ジャスト・ザ・トゥー・オブ・アス」が入ってると思うと、何となく手がでない。

 名盤なんですけどね(^ ^)

Grover Washington Jr. 「Anthology」…なかなかイイです

で、今回、珍しくグローバー・ワシントン JR. の「ベスト盤」を見つけたので、買って聴いてみました。

それが、Grover Washington Jr. 「Anthology」です!

大学時代…人生の目標など何もなくて、ふらふらと不安定な精神状態でした。

でもグローバー・ワシントン JR. の曲を聴くとけっこう落ち着いたんですよね。

「癒しの効果」があるのかな?

バランス良く聴けます!

この「BEST盤」は暗さがなくていいです。

グローバー・ワシントン JR. のイイ部分が出てマスね。

シビアに良い曲を選んでると思います。

「Winelight」も悪くないけど、ちょっと゛アンニュイ゛な色が出すぎたような気がします。

…なんだか、マッタリし過ぎちゃうんですよね。

でも、このベスト盤はバランス良く聴けるのでオススメですね。




各曲紹介

では、Grover Washington Jr. 「Anthology」の中から、気に入ってる曲をご紹介しますね。

Can You Dig It

アルバム「Best Is Yet to Come」からのカット!

勢いがあって、かっこいい「スムースJAZZ」です。

これを聴いてると、ノッてきますよ。

Let It Flow (For “Dr. J”)

アルバム「Winelight」からのカット!

とてもクールです。

グローバー・ワシントン JR.の中で、5本指に入る名曲です。

グローバー・ワシントン JR.…お亡くなりになってたんですね!

ちなみに、グローバー・ワシントン ・ジュニアは、1999年にお亡くなりになってたようです。

Grover Washington Jr(グローバー・ワシントン ・ジュニア)

1982年エレクトラ・レコードから「Winelight」を発表。

収録曲「Just the Two of Us」(邦題:クリスタルの恋人たち)が大ヒット!

グラミー賞ベストR&Bソング賞を受賞する。

その後も数々の良盤を出すが、1999年心臓発作のため逝去。

56歳没。

…そうだったんですね。お若いのになぜ?残念です(>_<)