スムース・ジャズと言うと「ケニー・G」とかの甘~いインストを想像してしまいますが、

今回は、もっとテンションが上がるリチャード・エリオット(Richard Elliot)のファースト・アルバム「トロールタウン」をご紹介します。

 

richardelliot

トロールタウン1986年

Richard Elliot「Trolltown」

サウンド効果

パワーギャル

テンション高い

90年代の終わりごろ・・・スムース・ジャズを聴いてた

スムース・ジャズは、90年代の頃、良くニューヨーク系のラジオで聴いていました。

・・・って言うか、中目黒の「Oneway Records」で、スムース・ジャズのラジオ・チャンネルを録音したCDを買って聴いてたってだけなんですけどね。

そのCDは、ケニー・Gとかダン・シーゲルとかの曲が入っていて、うっとりするほど素敵なインストCDになってましたね。

そんなわけで、スムース・ジャズと言うと90年代の終わりごろを思い出します。

今はもう「Oneway Records」もなくなってしまって、寂しい限りです。

リチャード・エリオットは「タワー・オブ・パワー」の元メンバー!?

で、リチャード・エリオットと言うサックス奏者のアルバム「トロールタウン」です。

詳細は知りませんが、この方、髭ずらのおっちゃんです(;^ω^)

でも、70年代の名インスト・ファンク・バンド・・・あの「タワー・オブ・パワー」のメンバーだったようです。

「Trolltown」テンション高まる名盤!

このアルバム、全編に渡りパワフルで、聴いているとテンションが上がります。

レコードジャケットの帯には、

~LAフュージョンの熱い風~腕まくりして聴きたいリチャード・エリオットの快心作・・・なんて書かれています。

「腕まくり」なんて実にうまい表現だなあ・・・ほんと、そんな感じでテンションが高まって動き出したくなります。

 

Richard Elliot 「Until You Come Back To Me」

「Until You Come Back To Me」が最強!

特に1曲目の「Until You Come Back To Me」は、タワー・オブ・パワーも参加しておりウキウキ・ノリノリの名曲です。

力強く、爽やかで、思わず走り出したくなります(#^^#)

原曲は、アレサ・フランクリンのソウル・ミュージックです。伸びやかで優しい名曲ですね。

Aretha Franklin – Until You Come Back To Me

他の曲もメロウでパワフル!

他の曲も、パワフルだったり、ファンキーだったり、メロウだったり、しっとりした感じだったり・・・色々と楽しめます。

人によってはF1レースの曲みたい・・・と思われるかもしれませんが、私は「トロールタウン」を聴くと、なんだかテンション上がります。

ちなみに、続けて「ダン・シーゲル」を聴くと、更にテンションが爆発しますヨ!