本日は、スティーヴィー・ワンダー「ミュージック・エイリアム」をレビューします。

Stevie Wonder「Original Musiquarium I」!

70年代・80年代をディスコで過ごした皆さんにとっては・・・

言わずと知れた「名盤」ですよね?

 

Original Musiquarium I

Stevie Wonder「Original Musiquarium I」1982年

Stevie Wonder「Original Musiquarium I」

サウンド効果

ギターギャル

やわらかい心(融和力)

・・・聴くと、心がやわらかくなる「名盤」ですネ。

スティーヴィー・ワンダーとは?

スティーヴィー・ワンダーは、アメリカの盲目のミュージシャン。

ハーモニカやピアノなど、色々な楽器を演奏する「マルチ・プレイヤー」でもある。

60年代(わずか12才!)から活躍し、数々の「最優秀アルバム賞」を獲得。

30曲以上のU.S.トップ10ヒットを放ち、計22部門で「グラミー賞」を受賞!

前人未到の偉業をぶち立てる!

すごいですね~。

「Original Musiquarium I」は「ベスト盤」!

このアルバム「Original Musiquarium I」は・・・

  • スティーヴィー・ワンダーの70年代の名曲
  • 1982年の新曲

・・・をミックスさせたベスト盤です。

「融和力」がある

「過去の曲」も「新曲」も見事に融和してます。

むしろ全てが「新しい曲」として新生しているような気がします。

まさにスティーヴィーの持つ「融和力」(宇宙力と言っていいかも?)の賜物でしょう。

スーパー・ヒット「スーパー・スティション」!

さて、70年代のディスコヒットと言えば・・・

やはり、このアルバムのトップを飾る「スーパー・スティション」でしょう(>_<)

大先輩のDJ達は、90年代になっても「スーパー・スティション」をかけていました。

当時、ボクは思ったものです。

「スティーヴィー・ワンダーって、時代が変わってもリスペクトされてるんだな~」って。

 

Stevie Wonder 「Superstition」

大ヒット満載!「ミュージックエイリアム」!

このアルバム「ミュージックエイリアム」・・・

ヒット曲が多いですよ。

  • 「迷信(Superstition)」
  • 「可愛いアイシャ(Isn’t She Lovely?)」
  • 「サンシャイン(You Are The Sunshine Of My life)」
  • 「マスター・ブラスター(Master Blaster)」
  • 「悪夢(You Haven’t Done Nothing)」

・・・などなど。

スティーヴィー・ワンダーの思い出

実は、私・・・

このアルバム「ミュージックエイリアム」には思い出があります。

「3畳1間」で聴いたスティーヴィー・ワンダー

時は1982年・・・

ボクが大学生になりたての頃、友人のH君が駒沢大学の学生だったんです。

H君は「下宿生活」をしていたんですが、ある時、彼の部屋に遊びに行ってビックリ!

なんと、3畳1間の「物凄くせまい部屋」だったんです。

(ボクでさえ4畳半だったのに!)

しかし、そんな狭いのに、なぜか「でかいオーディオ・セット」を持っていたH君・・・

音楽が好きだったんですね~(〃´o`)=3

そして、ボクの目の前で、得意げに取り出したレコードが・・・

このスティーヴィー・ワンダーの「Original Musiquarium I」だったと言うわけです。

「イズント・シー・ラヴリー」!キタ━(゚∀゚)━! 

実は、ボクが、ど~しても名前を知りたいと思ってた曲があったんです。

メロウでラブリーで、「赤ちゃんの泣き声」みたいなイントロが入ってる曲・・・

そう!それはスティーヴィー・ワンダーの大ヒット曲「イズント・シー・ラヴリー」だったんです!

H君の部屋で「ミュージックエイリアム」を聴いて、ようやくわかったんですね~(^^♪

 

ISN’T SHE LOVELY “イズントシーラブリー”

・・・学生さんの演奏と歌ですが、なかなかうまいです(>_<)

「Original Musiquarium I」!名盤です!

また、このアルバム・・・新曲もイイんですよ。

「リボン・イン・ザ・スカイ」

思わず魂がトリップしてしまいそうなキレイな曲。

「ドゥ・アイ・ドゥ」

マイケル・ジャクソン顔負けのノリノリのディスコサウンド!

新宿の「GBラビッツ」なんかでも、良くかかっていたように記憶しています。

 

Stevie Wonder「Do I Do」・・・すごいノリでしょ

もう、最高っ(/・ω・)/

今聴いても新鮮!

こうして聴きかえしてみると・・・

青春の思い出がいっぱい詰まっていて、思わずホロリとしてしまいます( ;∀;)

スティーヴィー・ワンダー「ミュージックエイリアム」・・・

今聴いても、新鮮で、心がやわらかくなる名盤ですね。

きっとあなたの心から、「こだわり」を取り去ってくれると思いますヨ!