本日は、スティーヴィー・ワンダー「ミュージックエイリアム」をレビューします。

Stevie Wonder「Original Musiquarium I」・・・70年代・80年代をディスコで過ごした皆さんにとっては言わずと知れた「名盤」ですよね?

 

Original Musiquarium I

Stevie Wonder「Original Musiquarium I」1982年

Stevie Wonder「Original Musiquarium I」

サウンド効果

ギターギャル

やわらかい心(融和力)

・・・聴くと心がやわらかくなる名盤ですネ。

スティーヴィー・ワンダーのベスト盤!?

このアルバム「ミュージックエイリアム」は、スティーヴィー・ワンダーが1970年代から発表してきた数々の名曲と1982年当時の新曲をミックスさせたベスト盤です。

過去のヒット曲と新曲を併せてアルバムにするアーティストはたまにいますが、・・・なんか聴いていて違和感を感じてしまうことって多くありませんか?過去の曲と新曲がうまくマッチしない事って多いと思うんですよね。

しかし、このスティーヴィー・ワンダーのベスト盤「ミュージックエイリアム」は、過去の曲も新曲もすべての曲が見事に融和して、むしろ全てのラインナップが「新しい曲」として新生しているような気がします。

この違和感のなさは、まさにスティーヴィーの持つ「融和力」(宇宙力と言ってもいいのかも?)の賜物でしょう。

 スティーヴィー・ワンダーってスーパースターだよ!

さて、70年代のディスコで、スティーヴィー・ワンダーと言えば、やはりこのアルバムのトップを飾る大ヒット・ナンバー「スーパー・スティション」に尽きると思います。

ボクから見て大先輩のDJの方達は、やっぱり時々「スーパー・スティション」をかけていました。そのかけかたも「この曲は別格なんだぞ~!」という無言の迫力を感じましたネ。何と言うか・・・スティーヴィーに対する「リスペクト」を感じましたYO。

だから当時ボクは思ったものです。スティーヴィー・ワンダーって、JBに並ぶ70sのスーパースターだったんだろうな~って。

でも、ボクら80年代の人間は、意外にスティーヴィーの70年代の\偉業/ を知らない人が多いんですよね。失礼にもほどがあるんですが・・・「スティーヴィー・ワンダー?あっ、あのグラサンかけたオジサンね。」なんて軽視をしてしまう人がいたりして・・・ (〃´o`)=3

だいたいスティーヴィー・ワンダーって言っても「パートタイム・ラヴァー」や「ウィ・アー・ザ・ワールド」位しか知らなかったりするんですから・・・。

※これも知ってますよね?I Just Called To Say I Love You

大ヒット満載!「ミュージックエイリアム」!

でも、このアルバム「ミュージックエイリアム」を聴けば、そんな誤解は一新します。

「ん・・・この曲どっかで聴いたことあるな~。・・・あっ!これがスティーヴィー・ワンダーかっ!!」

そうなんです!

「迷信(Superstition)」
「可愛いアイシャ(Isn’t She Lovely?)」
「サンシャイン(You Are The Sunshine Of My life)」
「マスター・ブラスター(Master Blaster)」
「悪夢(You Haven’t Done Nothing)」

・・・などなどなど、\ぜんぶ/ スティーヴィー・ワンダーです。

それだけじゃなく、60年代(12才!)から活躍し、数々の「最優秀アルバム賞」を獲得し、30曲以上のU.S.トップ10ヒットを放ち、計22部門で「グラミー賞」を受賞するという、前人未到の偉業をぶち立てたのがスティーヴィー・ワンダーだったんですね~。

スティーヴ!You Are Great!

スティーヴィー・ワンダーの思い出は3畳1間?

さて、このスティーヴィー・ワンダーのベストアルバム「ミュージックエイリアム」の思い出ですが・・・

時は1982年・・・ボクが大学生になりたての頃、友人のH君が駒沢大学の学生だったんです。H君はいわゆる「下宿生活」をしていたんですが、ある時、彼の部屋に遊びに行ってビックリ!なんと3畳1間のモノスゴ~く狭い部屋だったんですよ。(ボクでさえ4畳半だったのに!)

しかし、そんな狭い部屋なのに、なぜかでっかいオーディオ・セットを持っていたH君・・・音楽が好きだったんですね~。 そして、遊びに来たボクの目の前で得意げに取り出したレコードが、このスティーヴィー・ワンダーの「ミュージックエイリアム」だったと言うわけです。

そんなこんなで知ることになったスティーヴィー・ワンダー!

実は、福山市のディスコ「フラミンゴ」でかかっていた曲で、ボクがど~しても名前を知りたいと思っていた曲があったんです。メロウでラブリーで、赤ちゃんの鳴き声みたいなイントロが入ってる不思議な曲・・・そう!それはスティーヴィー・ワンダーの大ヒット曲「イズント・シー・ラヴリー」だったんです!このアルバム「ミュージックエイリアム」を聴いて、ようやくわかったんですね~(嬉)。

「リボン・イン・ザ・スカイ」! 「ドゥ・アイ・ドゥ」!こりゃ名盤だよ!

また、このアルバム・・・新曲もイイんですよ。

「リボン・イン・ザ・スカイ」は、思わず魂がトリップしてしまいそうなキレイなサウンドだし、同じく「ドゥ・アイ・ドゥ」は、マイケル・ジャクソン顔負けのノリノリのディスコサウンド!新宿のGBラビッツなんかでも良くかかっていたように記憶しています。・・・ホンマ、スティーヴったら!!グレイトやなぁ~ (〃´o`)=3

こうして聴きかえしてみると、青春の思い出がいっぱい詰まっていて、思わずホロリとしてしまいます(涙)

それにしても、スティーヴィー・ワンダー「ミュージックエイリアム」・・・ 今聴いても、非常に新鮮で、心がやわらかくなる名盤ですね。きっとあなたの心から、こだわりを取り去ってくれると思いますヨ!