本日はライオネル・リッチー(Lionel Richie)の「Say You Say Me」を収録したアルバム「Dancing on the Ceiling」をレビューします。

「セイ・ユー・セイ・ミー」は流行りましたね。

それだけではありません。

このアルバムは、他にも名曲が揃っているんですよ。

Lionel Richie「Say You Say Me」/「Dancing on the Ceiling」

では、ライオネル・リッチーの「Say You Say Me」について、語ってゆきますね。

サウンド効果

ファンキーギャル

80年代の希望に満ちた雰囲気!

(アルバム「Dancing on the Ceiling」全体の効果です。)

スローバラードがとてもステキ!

このアルバムは強烈なディスコヒットがあるわけではないです。

もちろん「Dancing on the Ceiling」や「Don’t Stop」などは、かっこいいアップ・ナンバーです。
ですが、このアルバムの魅力はそこじゃないんです。

スローやミディアム・ナンバーがとてもステキなんです。

ディスコ・キッズ

まるで、80年代の「明るく自由な雰囲気」がよみがえるような名盤です。

バラエティー豊かで飽きないアルバム

このアルバム「Dancing on the Ceiling」は、珠玉のバラードのほかに

  • ロックっぽい曲
  • レゲエテイストの曲
  • エレクトリック・ファンクっぽい曲

…などもあって、聴いてて飽きません。

アルバムとして、とても良くできています。




アカデミー受賞曲「Say You Say Me」

「Say You Say Me」は大ヒットしましたね。

1986年に映画「ホワイトナイツ」の主題歌に使われ、アカデミー賞を受賞しました。

当時は、どこに行っても「セイ・ユー・セイ・ミー」がかかってました。

とても優しい気持ちになる名曲です。

ライオネル・リッチー(Lionel Riche)は、どんなアーティスト?

このアルバムをプロデュースして、歌っているライオネル・リッチーはどんな人でしょうか?

私は、まっさきに、とんねるずの石橋貴明さんのモノマネを思い出します。

けっして美男子なわけではなく、なんか、中東のおっさんっぽいんですよね。

でも、ほんとはスゴイ経歴があるんですよ。

あの名ソウルグループ「コモドアーズ」のボーカリストだったんです。

また、

  • ダイアナ・ロスとのデュエット「Endless love」
  • マイケル・ジャクソンとの共作「We are the world」

…などでも有名です。

アルバム「Dancing on the Ceiling」の中で気に入った曲

では、アルバム「Dancing on the Ceiling」の中で、「いいな」と思った曲に触れてみますね。

Don’t Stop

こういう曲を巨大なクラブのダンスホ-ルで聴いたら、気持ちイイですよ~。

エレクトリックっぽいファンク・ナンバーも、Lionel Richieが歌うと聴けますね!

Love Will Conquer All

「愛はすべて」…

とても、メロウで気持ちが優しくなる曲です。

こういうのを歌わせたらLionel Richieは抜群ですね。

80年代の「自由」で「どことなく胸キュン」な雰囲気がリアルに感じられます。

ディスコ・キッズ

グッときますよね?

Say You Say Me

この時代の大ヒットです。

思わず口ずさんでしまいますね。

こういう曲を聴いて、私たちも、もう一度「愛」や「信頼」の世界を取り戻したいものです。

「Say You Say Me」和訳

「Say You Say Me」はイイ曲なので、日本語対訳してみます。

とてもステキな歌詞ですよ。

Say you, say me say it for always
That’s the way it should be
Say you, say me say it together
Naturally

 

いつも、気持ちを伝えあおう
それが本来の私たちの姿
あなたと私
いっしょに、ありのまま語りあおう

 

I had a dream I had an awesome dream
People in the park playing games in the dark
And what they played was a masquerade
And from behind of walls of doubt a voice was crying out

 

何か荘厳な夢を見たんだ
闇の中の仮面舞踏会にとらわれた人々
その偽りの壁の向こうから叫び声が聞こえた

 

As we go down life’s lonesome highway
Seems the hardest thing to do is to find a friend or two
That helping hand
Some one who understands
That when you feel you’ve lost your way
You’ve got some one there to say I’ll show you

 

落ち込んだ時、人生は孤独なハイウェイ
友達やパートナーも見つからないかもしれない
でも、君が道に迷った時、きっと誰かが理解してくれる、手を差し伸べてくれる
「こうしたらいいよ」って。

 

So you think you know the answers, Oh no
Well the whole world has got you dancing
That’s right, I’m telling you
It’s time to start believing oh yes
Believing who you are
You are a shining star

 

答えはわかってるよね
この世界が許すまま、さあ踊ってごらん
それでいいんだよ
自分自身を信じる時がきた
あなたはほんとうは輝いてるんだ

 

Say you, say me it for always
Oh that’s the way it should be
Say you, say me say it together
Naturally
Say it together, naturally

 

いつも、気持ちを伝えあおう
それが本来の私たちの姿
あなたと私
いっしょに、ありのまま語りあおう

まとめ

本日は、Lionel Richieの「Say You Say Me」をレビューしました。

このアルバムを聴いてると、80年代のなつかしい雰囲気がよみがえります。

明るく、元気な気持ちになります。

そして、スローやミディアム・ナンバーを聴くと、忘れていた「優しい気持ち」も取り戻せますよ。

「Dancing on the Ceiling」…80年代の名盤だと思います。

この時代に青春を過ごした人も、そうでない人も、ぜひ聴いてみてはいかが?