本日は、ティファニー(Tiffany Renee Darwish)のアルバム…

「Tiffany」(1987年)をレビューしますね。

「Tiffany」

では、ティファニーのレコードを聴いた感想などをツラツラと書いてゆきます(*^^*)

サウンド効果

ギターギャル

のんびり 空っぽ!

可愛かったのでジャケ買いしました!

アルバム「ティファニー」…1987年のアルバムです。

なんと!可愛い…可愛いすぎるだろ!

…と言うわけで、思わずジャケ買いしました。

パンチのある歌声

しかしまあ、Tiffanyちゃん、こんな可愛いのに声がパワフルなこと!

カントリー風の「パンチある歌声」が腹にズシリときますね!

しかし、どこか懐かしい声ですよ。

「ほっ」として、リラックスして聞けマス。

80年代の「何も考えない空っぽなパワー」全開!

このティファニーのアルバムは、80年代の何も考えない“空っぽなパワー”がありますね。

仕事や生活の行き詰まりを「リセット」するのによいのでは…?

日常をリセットして、新たなパワーを吹き込んでくれると思います。

ディスコダンスには向かない!?

ただし、このアルバムは「カントリー・ロック」なので、ディスコダンスには向かないかも…。

でも、B-1「I Saw Him Standing There」はかなり踊れそう!

縦ノリしまくって、…ノックダウンしそうです(^◇^)

ディスコ・キッズ

えっ!?これ、ビートルズのカバーだったの?

Tiffany Renee Darwishってどんな歌手?

本名は、Tiffany Renee Darwish。

16歳でデビュー。

1987年に出した「I Think We’re Alone Now」(邦題:ときめきハート)が全米一般チャート1位に。

しかし、色々スキャンダルがあったらしく、2000年代には、なんとプレ-ボーイ誌でヌー●に!

おいおい!思いっきり「清純派」っぽくて可愛かったのにヌー●ですか!

ディスコ・キッズ

でも、Tiffanyちゃん…

可愛いし、歌うまいから許します!