本日は80s後半のディスコ・シーンを華やかに盛り上げてくれたデビーギブソンのアルバム「Electric Youth」をレビューしますね。

 

Electric Youth

Debbie Gibson 「エレクトリックユース」 1989年

Debbie Gibson「Electric Youth」

サウンド効果

胸キュン・ギャル

さわやかなひととき

「Debbie Gibson」!可愛くて才女!

しかし、最近思うんですが、80年代中盤のユーロビートでヒットしたギャルたちは美人が多いですネ。

デビー・ギブソン・・・歌はうまいし、のびがあって爽やかな声。そして、ほとんどすべての曲を自分で書いているようで、才能がある。しかも、容姿が美しい。

いったいどこの国の人なんだろう?※ニューヨークのブルックリン生まれでした。

・・・えっ、よく見ると“微妙”だって?誰だそんな失礼なこと言うヤツは!

ファッションと言い、ダンスと言い、実にかわいらしいでしょ?こんな娘がクラスにいたら確実に惚れちゃうでしょ?ってボクは思ってマス。

名スロー「Foolish Beat」も良かった・・・!

ちなみに、デビーギブソンの88年のヒット・スロー 「Foolish Beat」も実に良かった!ファッションセンスも抜群だし、作曲の才能もあるし、中身のないアイドルばかりが多い今、デビーギブソンはイイな~と思いますヨ。

Debbie Gibson「Foolish Beat」・・・ほんと、ジーンとくるんですよね~!

 

ちなみに「Foolish Beat」が収録されてるアルバムはこちら!

Out of the Blue

「Electric Youth」がディスコヒット!

Debbie Gibson「Electric Youth」・・・当アルバムでは「Lost In Your Life」が全米No.1を記録。

そして、当時ディスコでヒットしたのは「エレクトリック・ユース」!・・・90年代当時ディスコで遊んでた人にとってはちょっと懐かしいはず。

このアルバムは聞きやすくて捨て曲がないGOODなアルバムだと思います。さわやかなひとときが過ごせる貴重なアルバムですネ!

ちなみに そんなデビーも、ライバルと言われてきたティファニーを追うように05年「PLAYBOY」でそのお肌を披露だって。

ええーーっ!?まったく悲しんでいいんだか、喜んでいいんだか・・・。