本日は、スウェーデンのスーパーモデル!

Madleen Kaneのファースト・アルバム…「ラフ・ダイアモンド(Rough Diamond)」(1978年)をレビューしますね。

Madleen Kane「Rough Diamond」

では、マドリーン・ケーン「ラフ・ダイアモンド」について語ってゆきますね。

サウンド効果

アダルト・ギャル

どことなく懐かしく爽やか!(女性が聴けば、魅力度がアップする!)

マドリーン・ケーンの「色っぽい囁き」にノックダウン!

いやあ~…なつかしいですね。

初めてマドリーン・ケーンを聞いたのは、高校生の頃だったかな?

ベスト盤(カセットテープ)を聴いて、いっぺんにファンになっちゃったんですよね。

色っぽいというか、異国情緒満載というか(*_*)

実際、マドリーン・ケーンはスウェーデンの女優さんということもあって、実に美人でスタイルがいい。

こんなイイ女が「セ・シ・ボン」とか「フィーバー」とか囁いちゃうんだから、当時高校生だったボクなんかイチコロで虜ですよ。

ディスコ・キッズ

Madleen Kane「Rough Diamond」!

時代を感じさせる、いわゆるディスコ・ナンバー(^◇^)

マドリーン・ケーン!とても「キャッチー」&「ポピュラー」

ボクは「ベスト盤」を持っていたんだけど、どの曲もイイ!

なんと言うか、メロディーが「キャッチー」&「ポピュラー」で、とても聞きやすいんですよね。

「ささやき」がセクシー

マドリーン・ケーンの本業はモデルなので、歌唱力で勝負しているわけじゃないんですよ。

実際に歌うというよりかは、「ささやく」「つぶやく」「フレーズを繰り返す」といった感じが多いんです。

でも、さすがモデルだけあって十分“サマ”になるし、存在感があるんですよね。

1978年って、こんな「素朴な時代」だった

当時は、こんなキレイな人が「フィーバー・フィーバー」言ってるってのが、なんか、すごくエキサイティングだったのかもしれません。

今からすると「なんだそれ?」って思われちゃうかもしれないです。

でも、それが、1978年と言う時代だったのかもしれません。

シスター

なんか、素朴だわね~

Madleen Kane「Rough Diamond」レビュー

さて、このアルバムですが、

  • Rough Diamond
  • C’est Si Bon / That’s The Way I Love You
  • Let’s Make Love

…で、まずノックダウン!

Rough Diamond

イントロから、ドラマティックでかっこいい。

そして、ズン!ビン!な「リズム・ベース」にセクシーなマドリーンのボーカルが絡みつく。

このかすれた声がなんとも言えないんです。

ポップスでこんなにノレるなんて・・・!

ディスコでもヒットしたんですよ!

C’est Si Bon 

これがボクは一番好き。

何ともセクシーなシャンソン・ナンバー。

イブ・モンタンなんかが歌って大ヒットしたんですよね。マドリーンもフランス語で情感たっぷりに歌ってます。

セ・シ・ボンって「それはとてもイイ!」って意味なんです。

セクシーでなんだか「懐かしい気持ち」にさせてくれるナンバ-です。

「Let’s Make Love」

まあ、軽快なノリだこと。

マドリーン・ケーンは、小気味良くさわやかに歌いあげています。

それにしても、スウェーデンの歌手はいいですね。

アバ(ABBA)もそうだけど、爽やかでどことなく懐かしい感じがして、日本人の心にハマルような気がするネ。

この曲は、リズムギターが全編にわたってイイ感じで入っているのが嬉しいなあ~。

ディスコ・キッズ

とっても軽やかな「名曲」です。

Fever / Make Me Like It

こちらも、ディスコティックな感じの曲。

マドリーンの呟く感じの「か細いボーカル」が、サウンドを引っ張ってゆきます。

ストリングスが効いてて、とってもイイ感じ。

だんだんドラマティックに盛り上がってくるのがいいね。

そして、「Make Me Like It」へ移る間奏が…いい感じのインストルメンタルに!

ゴキゲンなナンバーです。

マドリーン・ケーン「ラフ・ダイアモンド」名盤認定です!

いやあ~このアルバムは、ほんとうに聞かせてくれます。

Madleen Kane「Rough Diamond」!

私の\思い入れ/がかなり入っていますが、名盤殿堂入りですヨ。