本日はアバの「グレイテスト・ヒッツ・VOL2」をレビューします。えっ!?このレコード・・・日本盤限定だったの?しかもCD化されてない??

 

Greatest Hits Vol. 2

ABBA「GREATEST HITS vol.2」 1979年

ABBA「GREATEST HITS vol.2」

サウンド効果

胸キュン・ギャル

歌い踊ったあとに、神聖な気持ちが残る。

ABBAはグレイト!今聴いてもまったく古さを感じない!

いやあ~早くレビューを書けばよかったね。アバ(ABBA)・・・大好き♪ボクのカラオケのレパートリーの中で、昔から一番盛り上がるのがアバなんだよね。

そして、大盛り上がりしたあと、なぜかとても神聖な気持ちが残るのがこのアルバム・・・ABBA「GREATEST HITS vol.2」!

それは「GIMME!GIMME!GIMME!」や「DANCING QUEEN」などで思い切り盛り上がった後に「CHIQUITITA」や「THANK YOU FOR THE MUSIC」などの名スローがまるで「教会の聖歌」のごとく心に余韻を残してくれるから。

思えばアバはスゴい才能だよね。なんたって、これだけのバラエティーの曲を自分たちで作曲してるんだから!老若男女あらゆる人の心をとらえて離さない、古くて新しいスーパーキャッチーなメロディー、今聴いてもまったく古さを感じない〝人の心に残る詩”・・・。実にいい仕事をしてるなぁ~。

 

「THANK YOU FOR THE MUSIC」!最高でしょ!

世界中の人々に愛聴、愛唱されてまっせー!

さて、皆さんも、アバのアルバムを聴けば、「どこか聴いたことがあるな~」って思うんじゃないかな。

カーペンターズなどと同じく、アバは全世界を一世風靡したスーパースターなんだよね。あのピンク・レディーもアバの大ファンだったとか。 ・・・つうか、これほど、世界中の人々に愛聴、愛唱されているアーティスもなかなかいないんじゃないか?

とは言え、80sのディスコでは、「アース・ウィンド・アンド・ファイアー」や「クール・アンド・ザ・ギャング」など、だんだんブラックダンスミュージックが流行りだしちゃったんで、DJはあまりアバをかけなくなっちゃたんだよね。70sの終わり頃は「ノーランズ」や「ドゥーリーズ」や「アラベスク」などのキャンディーポップといっしょに結構かかってたんですけどね。

でもこれを機会に、スーパースター「アバ(ABBA)」のアルバムを再び聴いてみて欲しいな。決して色あせることのない素敵なメッセージをあなたのハートに運んできてくれると思いますヨ(^◇^)

文句なし名盤!ABBA「GREATEST HITS vol.2」!

もういちいち曲の解説をするまでもないですね・・・ハイ。

このアルバム「GREATEST HITS vol.2」は、アバの代表曲がバッチリ詰まったベスト盤です!

 

  1. GIMME!GIMME!GIMME!(ギミー!ギミー!ギミー! )
  2. KNOWING ME,KNOWING YOU(ノウイング・ミー,ノウイング・ユー)
  3. TAKE A CHANCE ON ME(テイク・ア・チャンス)
  4. MONEY,MONEY,MONEY(マネー,マネー,マネー)
  5. ROCK ME(ロック・ミー)
  6. EAGLE( イーグル)
  7. ANGELEYES(エンジェルアイズ)
  8. DANCING QUEEN(ダンシング・クイーン )
  9. DOES YOUR MOTHER KNOW(ダズ・ユア・マザー・ノウ)
  10. CHIQUITITA(チキチータ)
  11. SUMMER NIGHT CITY(サマー・ナイト・シティ)
  12. I WONDER(アイ・ワンダー )
  13. THE NAME OF THE GAME(きらめきの序曲)
  14. THANK YOU FOR THE MUSIC(サンキュー・フォー・ザ・ミュージック)

 

いやあ~・・・どれもホントーに素晴らしい曲ばかり!

時には口ずさみながら、時には踊りながら、すべての曲が楽しめます。

そしてアルバムを聴き終わった時には、何かとても神聖な気持ちになっている・・・そんなグレイトな名盤がABBA「GREATEST HITS vol.2」なのです。