本日は、アルトン・マクレイン&ディストニーのダンクラ名盤…

「IT MUST BE LOVE 」(1978年)をレビューしますね。

Alton McClain & Destiny「It Must Be Love」

Alton McClain and Destinyは、1978年に結成された、カリフォルニア州ロサンゼルスのボーカルグループです。

「It MustBe Love」が、ブラックシングル・チャートのTOP10に入りました。

では、アルトン・マクレイン&ディストニー「イット・マスト・ビ-・ラブ」について語ってゆきますね。

こんな人にオススメ

Alton McClain & Destiny「It Must Be Love」はこんな人にオススメです。

  • キレイな女性ボーカルが聴きたい
  • 70年代のフリーソウルが好き
  • 気持ち良く踊れる「名盤」が欲しい

サウンド効果

このアルバムの醸し出す雰囲気は…

ファンキーギャル

何しろ心が軽くなる!

ダンクラと言えば「It Must Be Love」!

90年代はフリーソウル・ブームでした。

ファンキーなディスコサウンドよりも、メロウレアな曲が、ディスコやクラブでかかるようになりました。

その中でも、Alton McClain & Destinyの「It Must Be Love」は、5本の指に入る人気曲でした(///ω///)♪

ディスコ・キッズ

 これは貴重なビデオですね~!

シスター

思わず踊りたくなる名曲よ。




「It Must Be Love」!フリー・ソウルブームで一躍人気に!?

Alton McClain & Destiny「It Must Be Love」…今では定番曲としてクラブでプレイされてます。

しかし、80年代初頭のディスコでは、あまりPLAYされていた記憶がないです。

やはり、90年代のフリー・ソウル・ブームでその価値が見出されたのではないでしょうか?

名盤「フリー・ソウル・パレード」が火付け役!

このCDがフリー・ソウル・ブームの火付け役ですよね?

…私も良く聴いてました!

ダンクラの名曲ぞろいです。

ディスコ・キッズ

(注)ただし、こちらには「It Must Be Love」は収録されてませんよ!

「It Must Be Love」のプロデュースは誰?

さて、Alton McClain & Destinyのこのアルバム…一体、プロデューサーは誰でしょうか?

Frank Wilsonと言う方ですね。

「シュープリームス」などに曲を提供していた、その筋では有名な方らしいです。

ディスコ・キッズ

確かに、キャッチーでメロウな感じがシュープリームスと共通してますね。 

Alton McClainの歌声が魅力!

当アルバムは、なんと言っても、

Alton McClainのデニース・ウィリアムスに似た「伸びのあるハイトーン・ヴォイス」が魅力ですよね?

シスター

真ん中の女性よ♡

パンチがあるわけではないですが、70年代の「明るく希望に満ちた」雰囲気を蘇らせてくれます。

コン・ファンク・シャンの「Skip Scarborough」と結婚!?

ちなみに、Alton McClainは3rdアルバムのプロデューサーSkip Scarboroughと結婚しされたようですね。

ディスコ・キッズ

Skip Scarboroughは、あの「コン・ファンク・シャン」のプロデューサーです。

Alton McClain & Destiny「It Must Be Love」各曲

では、このアルバムの各曲の感想を書きますね。

Crazy Love

心が浄化されるような、綺麗なメロディーと澄み渡る歌声。

これも名曲ですね~!

Sweet Temptation

訳すと「甘い誘惑」!

ホーンがカッコ良く、ファンキーに盛り上げてくれます。

Taking My Love For Granted

メロウなミディアム。

熱い歌いっぷりがジーンと来ます。

My Empty Room

胸キュンのスロー。

思わず口ずさんでしまう名バラードですよ。

It Must Be Love

  • エモーションズの「Best My Love」
  • シェリル・リン「Got To Be Real

などに似た「メロウ」に盛り上がる名曲。

哀愁たっぷりで盛り上がる!

人気があるのもうなずけますね。

God Said, “Love Ye One Another”

実は、当アルバムの中で一番の名曲!?

軽やかに盛り上がるミディアム・ナンバー。

アルバムの最後を締めくくる、心が軽くなる名曲です。

 

「It Must Be Love」は、Yung Baeの曲にも使われてる

「It Must Be Love」は、最近話題のミュージシャンYung Bae (ヤング・ベー)にも使われてるようですね。

白衣シリーズ研究所さんの記事で知りました。

このレトロ感、たまりません。

ディスコ・キッズ

イントロをずっとつなげてます。

このセンス、好きですね~。

音楽配信サービス

Alton McClain & Destiny「It Must Be Love」は、中古レコードやCDでも販売されています。

また、以下の音楽アプリでも配信されていますよ。

(注)ただし、2021年8月現在「It Must Be Love」のみになります。

シスター

残念~

音楽配信サービス
Amazon Music Unlimited 配信なし
Spotify 配信あり
Apple Music 配信あり

音楽・チケットの販売をするなら!

ネットショップSTORESなら

  • 音楽
  • 電子チケット
  • Tシャツ

…色々なものを販売できますよ。

初心者でも簡単、しかも、無料でネットショップを始めることができるのでオススメです。

登録料 販売手数料 曲の販売
無料 5.0% OK

「IT MUST BE LOVE 」!とっても名盤!

Alton McClain & Destinyのアルバム「IT MUST BE LOVE 」…

聴いていると、「スィート」かつ「軽やかな」気持ちになります。

捨て曲がなく、アルバムを通して気持ち良く聴ける名盤ですよ(^^♪

ぜひ、聴いてみてくださいね。