本日は、アルトン・マクレイン&ディストニーのダンスクラッシック名盤「Alton McClain & Destiny」をレビューしますね。

 

Alton McClain & Destiny1978年

Alton McClain & Destiny「It Must Be Love」

サウンド効果

ファンキーギャル

何しろ心が軽くなる!

ダンクラと言えば「It Must Be Love」!

90年代はフリーソウル・ブームになり、ファンキーなメジャー曲よりも、どちらかと言うと、メロウでレアな名曲がディスコやクラブでもかかるようになりましたね。

その中でも、Alton McClain & Destinyの「It Must Be Love」は5本の指に入る人気曲でした。

 

Alton McClain & Destiny「It Must Be Love」・・・明るく盛り上げてくれます!

「フリー・ソウル」ブームで一躍人気に!?

Alton McClain & Destiny「It Must Be Love」・・・今では定番曲としてクラブなどでプレイされています。しかし、リアルタイム・・・つまり、80年代初頭では、ボクが通ってたディスコに関してはあまりPLAYされていた記憶がないのです。

やはり90年代のフリー・ソウル・ブームで、その価値が見出されたのでしょうね。

名盤「フリー・ソウル・パレード」が火付け役!

このCDが火付け役ですよね?

私も良く聴いてました!ダンクラの名曲ぞろいです。(注)こちらには「It Must Be Love」は収録されてませんよ!

プロデュースは誰?

さて、Alton McClain & Destinyのこのアルバム・・・一体、プロデューサーは誰なのか?

Frank Wilsonと言う方ですね。私は知らないですが、シュープリームスなどに曲を提供していた、その筋では有名な方らしいです。

確かに、キャッチーでメロウな感じがシュープリームスと共通していますね。 

Alton McClainのスムーズな歌声が魅力!

当アルバムは、なんと言っても、Alton McClainのデニース・ウィリアムスに似た、伸びのあるハイトーン・ヴォイスが魅力ですよね?パンチがあるわけではないですが、70年代の明るく希望に満ちた雰囲気を蘇らせてくれます。

Alton McClainは、結局3rdアルバム「Gonna Tell The World」のプロデューサーSkip Scarboroughと結婚して、一線から退いたようですね。

※ちなみに「Skip Scarborough」は、あの「コン・ファンク・シャン」のプロデューサーですね。

Alton McClain & Destiny各曲レビュー

「Crazy Love」

心が浄化されるような、綺麗なメロディーと澄み渡る歌声。聴かせてくれます!

「Sweet Temptation」

訳すと「甘い誘惑」!ホーンがカッコ良く、ファンキーに盛り上げてくれます。

「Taking My Love For Granted」

メロウなミディアム。熱い歌いっぷりがジーンと来ます。

「My Empty Room」

胸キュンのスロー。思わず口ずさんでしまう名バラードですよ。

「It Must Be Love」

「Emotions」の「Best My Love」やシェリル・リン「Got To Be Real」に似たメロウで盛り上がりのある名曲。哀愁たっぷりで盛り上がる!人気があるのもうなずけますね。

「God Said, “Love Ye One Another”」

・・・実は、当アルバムの中で一番の名曲!?軽やかに盛り上がるミディアム・ナンバー。アルバムの最後を締めくくる、心が軽くなる名曲です。

とってもスィートでメロウ&軽やかな名盤!

「Alton McClain & Destiny」・・・聴いていると、スィートかつ軽やかな気持ちになります。捨て曲がなくアルバムを通して気持ち良く聴ける名盤です。

ぜひ、一聴してみてくださいね。