本日は、シカゴのFUNKグループ「シャンペーン」のファースト・アルバムをレビューします。
「How ‘Bout Us」は、80年代ディスコのチークタイムで定番でしたよね?

 

シャンペーン「ハウ・アバウト・アス」1981年

CHAMPAIGN「How ‘Bout Us」

サウンド効果

ファンキーギャル

優雅な気持ちになる

※「How ‘Bout Us」の効果です。

80年代の名スロー!「How ‘Bout Us」

シャンペーンの「ハウ・バウト・アス」・・・この曲で、何百万組のカップルが踊ったことでしょう。

実は、私、この曲で初めてチークダンスを踊りました。

懐かしい・・・いえ、恥ずかしいです(///ω///)♪

メロウで哀愁たっぷり・・・でも、なんだかほのぼのと優雅な気持ちになる。

・・・そんな不思議な名曲です。

ボーカルのPauli CarmanとRena Jonesの掛け合いが最高ですね!

「ハウ・バウト・アス」・・・オリジナルは「The Water Brothers Band」!?

「How ‘Bout Us」のオリジナルは、洋楽和訳さんによると、「The Water Brothers Band」だそうです。

ええっ!?この曲、オリジナルがあったんですね?

The Water Brothers Band「HOW ‘BOUT US 」
オリジナルはメッチャほのぼのした曲になってます・・・って言うか、サビ以外はまったく違う曲に聴こえます(*_*)

CHAMPAIGNは、オシャレなFUNKもやってます!

アルバム「How ‘Bout Us」に収録されているダンス・ナンバーは

  • 「Can You Find the Time?」
  • 「Whiplash」

がおすすめです。

派手さはありませんが、どちらも、これぞ80年代!と言いたくなる、ライトでメロウなFUNKです。

広島県福山市のディスコ「フラミンゴ」でもかかっていました。

CHAMPAIGN「How ‘Bout Us」各曲抜粋

Can You Find the Time?

アーバンAOR系ファンク。

リズムギターがとっても気持ちいい。

80年代ってこういうライトでオシャレなファンクがありましたね。

Party People

昔っぽい感じです。

踊れるわけではありませんが、ホーンが効いててファンキー。

何回も聴いていると、だんだん良くなってきます。

Whiplash

当アルバムの中で、一番かっこいいダンス・ナンバー。

リズムギターが「テケテケ」してノリノリです。

ほんと、オシャレに踊れそうですよ!

I’m On Fire

「How ‘Bout Us」よりも、もっと哀愁を帯びたスロー。

なかなか良いです。

How ‘Bout Us

言わずと知れた80sの名スロー!

甘く切なく、それでいて「ほのぼの」とした素敵な曲です。

プロデューサーは「The Manhattans」のレオ・グラハム!

CHAMPAIGNのアルバム「How ‘Bout Us」は、レオ・グラハムがプロデュースしてます。

この方・・・超有名なスロー「Shining Star」など、80年代の「The Manhattans」を手がけた方ですね。

この人が手がけるスローは、なかなか良いです。

「Shining Star」も良く踊らせていただきました(^◇^)

アフター・ミッドナイト

シャンペーン「ハウ・アバウト・アス」・・・全体的にとてもオシャレ!

・・・と言うわけで、シャンペーンのアルバム「ハウ・アバウト・アス」!

強力なファンクはありませんが、全体的にとてもオシャレなアルバムです。

しかも、なんだか「ほのぼの」していて、普段聴くのにも良いです。

とにもかくにも、超定番のスロー「How ‘Bout Us」は必聴です!!