本日は、あまりメジャーではありませんが…

Howard Johnsonの「Doin’ It My Way」(1983年)をレビューします。

Howard Johnson「Doin’ It My Way」

では、Howard Johnson「Doin’ It My Way」を聴いた感想を書いてゆきますね。

サウンド効果

ノリノリギャル

83年のノンキなシンセFUNK

「DOIN’ IT MY WAY」!シンセベースが伸びや~か

ハワード・ジョンソンの「DOIN’ IT MY WAY」…ディスコではあまりヒットしませんでした。

ですが、83年当時はラジオなんかで良くかかっていた気がします。

曲調も明るくて気持ち良く、シンセベースが伸びやか。

いかにも、80年代初期のシンセファンクです。

ディスコ・キッズ

Howard Johnson…明るいシンセファンクです。

アルバムのメドレーを聴けます。

プロデュースは、あの「The System(システム)」!

ハワード・ジョンソンは、80年代のAORシーンで大人気だった「Niteflyte(ナイトフライト)」のメンバーです。

今回のアルバムは、HOWARD JOHNSONのセカンド・アルバム。

ファースト・アルバム「Keepin’ Love New」は、むちゃくちゃアーバンメロウでカッコイイサウンドでした。

ディスコ・キッズ

カシーフのプロデュースでしたね^^

今回のセカンド・アルバム「DOIN’ IT MY WAY」は、80sシンセファンクで人気を博していたThe System(システム)がプロデユースしています。

ですので、アルバム全編「どこか暖かいシンセファンク」に仕上がってますね。

83年の「呑気な雰囲気」を満喫できるかも…

  1. My way
  2. Jump into fire
  3. Let’s take time out
  4. Missing you
  5. Much too much
  6. You’re the one I’ve needed
  7. Let this dream be real
  8. Everywhere I go

しょっぱなの「My way」から、元気でポジティブな音が飛び出してきます。

派手ではないですが、聴いている内になんとなく元気になってくる…そんな不思議な作用がありますね。

強力なダンスナンバーはありません。

ですが「Let’s take time out」など、シンセベースがブイブイに効いた曲が散りばめられています。

ディスコ・キッズ

思えば、1983年って何となくノンキな時代だったな…。

シスター

80年代の暖かく「ノンキな雰囲気」を満喫できるアルバムよ。




音楽配信

Howard Johnson「Doin’ It My Way」は、中古レコードやCDでも販売されています。

また、以下の音楽アプリでも配信されていますよ。

音楽配信サービス
Amazon Music Unlimited 配信あり
Spotify 配信あり
Apple Music 配信あり
ディスコ・キッズ

ストリーミングサービスが好きな人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

シスター

試聴はこちら!

まとめ

今回は、Howard Johnson(ハワード・ジョンソン)「Doin’ It My Way」をレビューしました。

目立たないけど、なかなか侮れないクラブサウンドですよ。

カシーフ系のアーバンメロウなFUNKが好きな人は、1982年のアルバム「Keepin’ Love New」をオススメします。