本日は、あまりメジャーではありませんが、良盤として取り上げられているHoward Johnson(ハワード・ジョンソン)「Doin’ It My Way 」をレビューします。

 

DOIN’ IT MY WAY 1983年

Howard Johnson「Doin’ It My Way 」

サウンド効果

ノリノリギャル

83年のノンキなシンセFUNK

シンセベースが伸びや~か

ハワード・ジョンソンの「DOIN’ IT MY WAY」・・・

ディスコではあまりヒットしませんでしたが、83年当時はラジオなんかで良くかかっていた気がします。

曲調も明るく気持ち良く、シンセベースが伸びやかで、いかにも80年代初期のシンセファンクです。

Howard Johnson「Missing you」明るいシンセファンクです・・・

プロデュースは、あのThe System(システム)!

ハワード・ジョンソンは、80年代のAORシーンで大人気だったNiteflyte(ナイトフライト)のメンバーです。

今回のアルバムは、HOWARD JOHNSONのセカンド・アルバム。

ファースト・アルバム「Keepin’ Love New」は、カシーフのプロデュースによって、むちゃくちゃアーバンメロウでカッコイイサウンドでした。

このセカンド・アルバムは、80sシンセファンクで人気を博していたThe System(システム)がプロデユースしています。

ですので、アルバム全編どこか暖かいシンセファンクに仕上がっていますね。

83年の呑気な雰囲気を満喫できるかも・・・

  1. My way
  2. Jump into fire
  3. Let’s take time out
  4. Missing you
  5. Much too much
  6. You’re the one I’ve needed
  7. Let this dream be real
  8. Everywhere I go

しょっぱなの「My way」から、元気でポジティブな音が飛び出してきます。

派手ではないですが、聴いている内になんとなく元気になってくる・・・そんな不思議な作用がありますね。

強力なダンスナンバーはありませんが、「Let’s take time out」などシンセベースがブイブイに効いた曲が散りばめられています。

思えば、1983年って何となくノンキな時代だったな・・・。

Howard Johnson「Doin’ It My Way 」・・・83年の暖かくノンキな雰囲気を満喫できるアルバムです。

 

 

カシーフ系のアーバンメロウなFUNKが好きならこちらをオススメします。