本日は、コン・ファンク・シャン(Con Funk Shun)の1982年のアルバム「To the Max」をレビューしますね。

 

Touch/Seven/To The Max

 

「To the Max」はCON FUNK SHUNの10枚目のアルバムです。

※US R&Bチャート第9位

コン・ファンク・シャンは、このブログでも結構取り上げていて、

・・・に続き、今回は4枚目のレコードとなります。

CON FUNK SHUN「To the Max」

サウンド効果

アダルト・ギャル

スローがグットよ!

踊れるファンク・ナンバー「Ms.Got The Body」!

CON FUNK SHUNの「To the Max」・・・何と言っても、軽快&メロウなファンクナンバー「Ms.Got The Body」が良いですね。

この曲、そんなにディスコヒットしたわけではないんです。

でも、「これで踊らなきゃウソだろ~」と言うほどのグッドでタイトなFUNKです。

・・・ベ-スがブイブイうなってますよぉ~(/・ω・)/

 

CON FUNK SHUN「Ms.Got The Body」!

他のファンクもなかなか良質揃い!

1982年と言うと、エレクトリック・ファンクがダンスフロアーを席巻していた時代・・・

そんなわけで、この当時のCON FUNK SHUNも、少しエレクトリック色が強まっています。

でも、そこはコン・ファンク・シャン!時代の流れに合わせつつも、メロウな感じがあります。

このアルバム「To the Max」・・・他のファンクもなかなかの良質揃いだと思いますよ。

You Are The One

爽やか、かつ、ダンサブルなFUNK。

なんか、ポジティブになれます。

これぞ、CON FUNK SHUNという感じ。

Ain’t Nobody Baby

これも踊れるファンクです。

最初は重々しく、そしてサビは明るく開放的に展開してゆきます。

・・・その他のファンクもGOODです(≧◇≦)

スローの名曲「Love’s Train 」

そして、スロー!

私はCON FUNK SHUNのスローって、切なすぎるんであまり好きではないんです。

でも、この「To the Max」収録のスロー2曲は、ほどよい感じでイイですね。

特に「Love’s Train 」は、名曲としてちょっと有名なのではないでしょうか?

重心の低いブイブイベースをバックにした、しっとりとした名バラードです。

これはグッときますね。

私も80年代当時、この曲を聴きながらアンニュイな気分にひたったものです。

アルバム全体としてもオススメかな?

・・・そんなわけで、コン・ファンク・シャンの「To the Max」!

グレイト・ファンク「Ms.Got The Body」を筆頭に、スローも充実!

アルバム全体としてもオススメかなって思います。

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す