本日は、80年代のディスコでは定番ヒットだった「アイ・キャント・ウエイト」を収録した、ニュー・シューズのアルバム 「プール・サイド」をレビューしますね。

 

Poolside

NU SHOOZ「Poolside」 1986年

Nu Shooz「Poolside」

サウンド効果

パワーギャル

さわやか・新鮮!

Nu Shooz「Poolside」!どの曲もノレちゃう良盤!

ボーカルの声がスレてなくて、新鮮な気持ちになれます。

もちろん最高のヒットは、「I Can’t Wait(アイ・キャント・ウエイト)」!でも、「Point Of No Return(ポイント・オブ・ノーリターン)」もGOODだし、どの曲もノレちゃう良盤です!

当時、ディスコのスロー明けは「I Can’t Wait」だった!?

「I Can’t Wait(アイ・キャント・ウエイト)」・・・80年代中盤、ムチャムチャ流行りましたよね!

スロー明けのディスコでは、一発目の選曲がコレ!っていうパターンも多かったのでは?

あの独特のリズム・・・「チンドン屋みたいな音」がイイですよね?ライブビデオを見てみたら、本当に日本の祭りで使うような金属楽器を、人の良さそうな白人のお姉さんが叩いてましたね。(あれ・・・カウベルって言うのかな??)

 

Nu Shooz「I Can’t Wait」・・・いつ見ても不思議なビデオです。E=mc2?

「I Can’t Wait」のサビ部分は、女性の喘ぎ声をサンプリング?

「ボーカル・パーカッション:ヴァレリー・デイ」とクレジットされていますが・・・聞いたことない方です。

「NU SHOOZ」って一体どんなグループ?って前から思ってたんですけど、どうやら、J.スミスさん、ヴァレリー・デイさん、という2人組の夫婦バンドのようですね。

ちなみに、「I Can’t Wait」のサビの部分は、女性の喘ぎ声をサンプリング?してるらしい・・・イントロの「オ・オオオ、オ、オーオオ」の部分かな(^ ^)?

新鮮な気持ちになれる名盤ですね!

Nu Shooz「Poolside」・・・これは隠れた名盤なのでは?

なんだか手作り感がありますよ。
ドラムもお姉さんが「手打ち」でやっているからなのか?ともすると「素人っぽいな~」と思うところもあるんですが、そこがまた新鮮でいいですね。

と言うわけで、ニュー・シューズの「Poolside」・・・聴けば「新鮮な気持ち」を取り戻せまよ~。

 

「I Can’t Wait」は、こちらの静かなバージョンも、なかなかいいですヨ(^ ^)

I Can’t Wait: Unplugged