本日は、知る人ぞ知るオハイオのヘビー・ファンク・バンド「スレイブ」の名盤「ストーン・ジャム」をレビューしますね。

 

ストーン・ジャム

Slave「Stone Jam」1980年

Slave「Stone Jam」

サウンド効果

パワーギャル

地下住人の叫び、虐げられし者のリズム

「SLAVE(スレイブ)」=「奴隷」!?

全編を通じて、野太く重いベースがウネリまくる!・・・だからといって武骨ではなくメロウで滑らか!コレいったいこれはどういうアルバムなの?

だいたいが「SLAVE(スレイブ)」ってグループ名からして「?」ですよ。なぜ、わざわざ「奴隷」なんて名前をつけるのだろうか?

レビューを書くにあたり何度も聴きかえしてみたんですが、どうもこのLP「Stone Jam」・・・良くわからない・・・。

なんなんだ!このつかみ所なく暴れ回るサウンドは~?

そもそもジャケットからして、この「石のモンスター」は何?・・・あれ?コレひょっとして・・・ゴーレム??

 

Slave「Stone Jam」!ノリがイイね!

Mark Adamsのベースがとにかく太い!

それにしてもこのSLAVEというバンド・・・ベースは一聴の価値がありますよ。

「なんで、こんなに太いの?」・・・なんて、決して女の子が言ってはいけないようなセリフをつぶやかざるを得ないほど、すごくビンビンに太いベースです。

ドラムも重たくて腰がウズくようなリズムを刻んでます!ベースはMark Adams(マーク・アダムス )、ドラムはSteve Arrington(スティーブ・アーリントン)・・・どちらもその筋では有名な人ですね。

このLPは、ボクが20代の頃、ジャケットに惹かれて思わず買ってしまった想い出深いアルバムです。

でも・・・このアルバムを聴いているとどうも「引きこもり」っぽくなるんですよね。そういう貧乏で暗いジメジメした印象と想い出しかないデス。

地下住人が発する強烈にネガティブなファンク・ナンバー!

Slaveの「Stone Jam」のサウンド効果を出してみて、自分でもビックリしました。地下住人のサウンドだったんですねぇ~コレ(^ ^)。。。

おすすめは、

  • A-1 「Let’s Spend Some Time」
  • B-1 「Watching You」
  • B-4 「Stone Jam」

いずれも地下住人が発信する強烈にネガティブなファンク・ナンバー!思わず腰が悶絶しますヨ!

とにかく暗くて重いファンクが好きなら、「スレイブ」の80s名盤「ストーン・ジャム」をぜひお試しあれ!