本日は、知る人ぞ知るオハイオのヘビー・ファンク・バンド…

スレイブ(Slave)の名盤『Stone Jam』(1980年)をレビューしますね。

Slave「Stone Jam」

では、Slave「Stone Jam」について語ってゆきますね。

サウンド効果

パワーギャル

地下住人の叫び。虐げられし者のリズム。

「SLAVE=奴隷」!?

全編を通じて、野太いベースがウネリまくる!

でも、どことなくメロウ。

…不思議なアルバムです。

だいたい、スレイブってグループ名からして「?」ですよ。

なぜ、わざわざ「奴隷」なんて名前をつけるのかな?

そして、ジャケットの石のモンスターは何?

…あれ?

コレひょっとして、ゴーレム??

ディスコ・キッズ

Slave「Stone Jam」

ベースが太いです!

Mark Adamsのベースが太い!

それにしても、このSLAVEというバンド…

ベースは「一聴の価値」がありますよ。

「なんで、こんなに太いの?」

…なんて、決して「女の子」が言ってはいけないセリフをつぶやかざるを得ません。

それほど、ビンビンに太いベースです。

ドラムも、重たくて腰がウズくようなリズムを刻んでます!

ベースはMark Adams(マーク・アダムス )、ドラムはSteve Arrington(スティーブ・アーリントン)!

…どちらも、その筋では有名な人ですね。

「地下住人」が発する、ネガティブな強力ファンク!

このLPは、ボクが20代の頃聴いてた「想い出深いアルバム」です。

でも、このアルバムを聴いてると、どうも引きこもりっぽくなるんですよね。

そういう「暗い印象」があります( ;∀;)

Slaveの「Stone Jam」のサウンド効果を出してみて、自分でもビックリしました。

地下住人のサウンドだったんですねぇ~(^ ^)。。。

「Let’s Spend Some Time」もオススメ

おすすめは、

  • A-1 「Let’s Spend Some Time」
  • B-1 「Watching You」
  • B-4 「Stone Jam」

…アルバム全部、踊れます。

いずれも「地下住人」が発信する、強烈にネガティブなファンク・ナンバー

思わず、腰が悶絶しますヨ!

とにかく暗くて重いファンクが好きなら、80s名盤…Slave「Stone Jam」をぜひお試しあれ!