本日は、モータウンの大御所ソウルグループ「ザ・テンプテーションズ」のアルバム「トゥルーリー・フォー・ユー」をレビューします。

 

トゥルーリー・フォー・ユー

The TEMPTATIONS「Truly For You」1984年

EMPTATIONS「Truly For You」

サウンド効果

ノリノリギャル

元気がでるよ~

・・・60年代や70年代のパワーを感じますネ。

テンプテーションズってファンキーでカッコ良かったんダネ!

まあ~、ボーカルが伸びやかだこと!聴いてるこちらも元気がでるよ。

そして見事なコーラスワーク♪・・・さすが歴史ある名ソウル・グループですよ~。

テンプスの歴史はヒット曲だらけ・・・

ザ・テンプテーションズと言えば、「GET READY」や「MY GIRL」のようなホノボノ~とした明るい60年代の曲を思い出しますよね?でもそれ以外にも「あっ!この曲…テンプテーションズだったんだ!?」なんてビックリする事も多いです。

あのローリング・ストーンズもテンプテーションズの「Ain’t Too Proud To Beg」や「Just my imagination」などをカバーしてました。

ディスコでは、クラブ・ワルシャワの大御所?DJ「SATO」さんが、ベースが激重で渋い「Papa Was A Rolling Stone」とか、テケテケギターがなんともカッコイイ「GRASSHOUSE」なんかをかけていて、「えっ!?これってテンプテーションズ?」「テンプスってこんなにファンキーでカッコ良かったんだ!?」って衝撃を受けたことを思い出します。

「Papa Was A Rolling Stone」・・・歌詞がモノ凄い!「あんたの父さんは住所不定の人だった!」(/ω\)

80年代の「Standing on the Top」もカッコ良かった!

私がディスコに通い詰めていたのは80年代だったんですが、その頃はテンプテーションズ?誰?って感じだったんですよ。「えっ~60年代の人でしょ?」・・・みたいな。

でも、1982年にリック・ジェームスと一緒にやった「Standing on the Top」がディスコで大ヒット!

新宿のGBラビッツや六本木のスタジオ・ワンなんかでも、この曲がかかると「待ってました!」とばかりにダンスフロアーに駆け出すファンキーなダンサーたちが続出っ!(^◇^)ほんまか・・・?

 「Treat Her Like A Lady」はディスコでも大ヒット!

そして、テンプスで80年代にヒットしたもう1つの曲が、今回のアルバム「Truly For You」からのシングル・カット「Treat Her Like A Lady」!

オシャレ系ディスコではヘビー・ローテーションをされてました!もちろんボクの勤めてた「Queue」でも、ちょくちょくかかってましたヨ。

この爽やかなノリ…イイんですよね~。コンファンクシャンの「トゥー・タイト」や、B.T.エクスプレスの「ハブ・サム・ファン」 なんかに通じる気持ちよさがありますネ(^◇^)

他の曲もGOOD!

さらに、Bー3の「Set Your Love Right」も明るくてノリノリのダンスナンバーだし、「My Love Is True」なんかのスローも名曲だなあ~って思います。他にも良い曲が多くてなかなか飽きさせない内容。

それにしてもテンプテーションズ!歌がうまいです(>_<)!グイグイ引き込まれます!さすが、モ-タウンの誇る実力派ボーカル・グループ!

のびのび~明るく~元気になる!

ちなみに当アルバム「Truly For You」からリードボーカルが変わってるらしいです。デニス・エドワースは脱退。新たにオリー・ウッドソンに変わってるんだって・・・。

いろいろとメンバーの変遷はあるんだろうけど、でも、やっぱりテンプテーションズって偉大です。

なんてったって、テンプスは60年代や70年代という【時代】の持っている「のびのびとした明るさ」をそのまま体現していたグループだったのですから(勝手に断言)!

と言うわけで、なんとな~く元気が足りないかな?なんて方は、このアルバム「Truly For You」を聴いて、パワーを補充してみてはいかがでしょう?