本日は、80年代の人気POPグループ…

The Nolans(ノーランズ)の「Sexy Music」についてレビューしようと思います。

The Nolans「Sexy Music」

では、ノーランズ の「セクシー・ミュージック」について語ってゆきますね。

サウンド効果

カレンギャル

若いって…いいよな

えっ!メインボーカルのバニーが亡くなった!?

ノーランズのメンバーが亡くなったんですってね。

もう、そんな歳なのかな?

当時、あんなに若くて元気だったのに。

…信じられません。

なんと、亡くなったのは、メインボーカルのバーナデット・ノーラン(バニー)だって( ;∀;)

享年52才…寂しいです。

享年52才…

「乳がん」とのことですが、この若さで亡くなるとは…。

近年のコンサートでは、50代とは思えない、相変わらずパンチのある声で歌っていたらしいのに(>_<)

もう、あのパワフルな「ハスキー・ボイス」を聞けないと思うと、非常に寂しいです。

レコードジャケットの中ではこんなに元気なのに…

(向かって左端の可愛い子がバニーです)

「ノーランズ」!80年代の若者をトリコにしたアイドルグループ

さて、ノーランズは、どんなグループだったのでしょうか?

80年代に「青春時代」を過ごしたボク達にとっては、とてもなつかしいアイドルグループです。

当時、洋楽のアイドルと言ったら、

  • アバ
  • アラベスク
  • ノーランズ

…など。

ヨーロッパのベッピンさんグループが、若者のハートをグッとつかんでいたわけです。

なにせ、目の色が青く、スタイルが良く、笑顔が抜群の“フォーリン・ギャル”ですよ。

そんなピチピチな女の子たちが、キャッチーなメロディーで歌ったり踊ったりしちゃうんだから、若者がトリコになってあたりまえ。

レコードジャケットを見ただけで、もう気になって気になってしかたがない(;^ω^)

「レンタル・レコード」で聴いてました…

でも、当時のレコードの値段は3000円近くでした。

だから、とても、おいそれとは買えなかったんですよね。

そこで、80年代にでてきたのが「レンタル・レコード」ってやつ。

これは、当時、とても画期的だったんですよね。

聴きたかったレコードがわずか、350円位で聞けちゃうんだからビビりましたよ。




やっぱり「Sexy Music」がグレイト!

まあ、それは置いといて、久々にノーランズのアルバムを2枚ほど聴いてみました。

いわゆる「キャンディー・ポップ」なので、本格的に「音楽性がどうのこうの」って語るのはヤボってもんです。

ここは純粋に、若くて元気のいいハーモニーを楽しんでもらいたいですね。

特に「Sexy Music」のボーカルをとってる一番若いバーナデット

この娘の思い切った「ソウルフルな歌声」がノーランズの魅力です。

ボクが好きなヒット曲は、なんと言ってもこの「Sexy Music」!

バーナデットのハスキ-ボイスが堪能できます。

福山市のディスコ「フラミンゴ」でも良くかかっていたんですヨ~。

ディスコ・キッズ

うわっ!何ともパワフル!(^^)!

ノーランズ「セクシー・ミュージック」

The Nolans「ヒット曲」プチレビュー

じゃあ、各ヒット曲を簡単にレビューしますね。

「ダンシング・シスター」(I’m In The Mood For Dancing)

ノーランズの大ヒットナンバー!…流行りましたね。

80年当時、どこに行っても、この曲がかかりまくってました。

リードボーカルのバーナデット が「とにかく踊りたい気分なの!」ってシャウトしてます。

まだ夢も希望もあった80年代を象徴するような、

メッチャ明るくってちょっぴり「胸キュン」

…なキャンディー・ポップです。

「スピリット・ボディ・アンド・ソウル」(Spirit,Body&Soul)

見逃してはならない、彼女たちの第1段シングル!

これは、今聴いても、なかなかいいと思うんですが…どうかな?

荒削りだけど、むちゃ「ソウルフル」なハーモニーで、ボクらの心を揺るがしてくれます。

「ときめきTWENTHY」(Who’s Gonna Rock You)

今聴いても、かっこいいダンサブル・ナンバー!

やはり、姉妹グループだけあって、コーラスワークが小気味良いほど合ってるんですよね~。

ノリが良くて、ファンキーで、 ボクはこの曲好きです。

黒人グループにはない「メッチャ明るいコーラス」で、ファンキーなナンバーをやってくれてちゃいました!

「恋のハッピーデート」(Gotta Pull Myself Together )

うんうん、当時良くかかってましたね。

これも好き!

Nolans!青春時代を思い出させてくれます(>_<)

というわけで、キャンディー・ポップだからって、バカにしてはいけません。

…たまには、こんな風にハジケるのもいいもんですよ。

ノーランズを聞きながら

「こんないい時代があったんだな~」

…と、青春時代を思い出してみてくださいね。

バニー!すてきな想い出をありがとう!

最後に、

「バニー!すてきな想い出を本当にありがとう!貴女の歌声、忘れません。」

ディスコ・キッズ

時々カラオケで歌うからね。

・゜゜・(>_<)・゜゜・。ゥェーン