本日は、ツウも黙って聴きほれる・・・カーラ・ボノフ「ささやく夜(Restless Nights)」をレビューしますね。

 

Restless Nights

Karla Bonoff「Restless Nights」1979年

Karla Bonoff「Restless Nights」

サウンド効果

胸キュン・ギャル

無理せず、素直になれる。

カーラ・ボノフ「ささやく夜(Restless Nights)」!恋人同士が過ごすにはピッタリ!

カーラ・ボノフのセカンドアルバム「ささやく夜(Restless Nights)」。夜遊びしたあと、彼の部屋でこんな曲聴いたらイイ雰囲気になっちゃいます。

まったりと恋人同士が過ごすにはバッチリの曲 。カーラ・ボノフ・・・こう・・・声が儚(はかな)い感じがするんですよね。そこがたまらない。

暖かい気持ちになれるよ!(*^^*)

でも、そんな“ナンパ”な事だけにこのレコードを使ってはもったいない!B面になり、カントリー風の曲になると一変してノリが良くなりますよ。アップは元気がでて、スローは切なくしっとり・・・。

ああ、このアルバムは実に暖かい気持ちになりますね・・・「人間の暖かみ」を思い出させてくれる名盤だと思います!

「The Water Is Wide」が本当にイイんです!

最後はトラディショナル(民謡)で締めてます。『The Water Is Wide(ザ・ウォーター・イズ・ワイド)』・・・そのスジでは知る人ぞ知る名曲です。

やっぱり、カーラ・ボノフが歌う「The Water Is Wide」が一番しっくり来ます(/ω\)

 

Karla Bonoff「The water is wide」・・・渋谷のDUO -Music Exchangeですね。

孤独が癒され、元気になるよ!

カーラ・ボノフを聴いていたのは、確か大学生の頃だったろうか・・・。その頃、初めての一人暮らしをしていたので、ちょっと“孤独な気分”だったのですが、この曲を聴くと妙に癒され、元気になったのを覚えています。

アース・ウィンド&ファイヤーやクール&ザ・ギャングなどのダンス・ミュージックばかり追っかけていたボクにとって、このアルバム「ささやく夜」は、決して時代に流されることのない“人の暖かさ”を感じさせてくれた「貴重なレコード」と言えるでしょう。

Karla Bonoff・・・そこらのミーハー歌手とは違う「本物」!

あらためて、カーラ・ボノフのビデオなどをチェックしてみたのですが、実に「渋い」ですね。Karla Bonoffは「信念のまま生きてきた」というようなイイ顔つきしてます。そこらのミーハー歌手とは“かもし出す雰囲気”が違いますネ!

今まで、カーラ・ボノフって、どっちかというとアイドル歌手?ってイメージで捉えていたんだけど全然違いました。この方のベースには「荒野」とか「大地」とかが持つ“訴え”みたいなもの“魂”みたいなものがある気がします。ほかのアルバムも是非聴いてみたいですネ。

・・・と言うわけで、カーラ・ボノフの「ささやく夜(Restless Nights)」・・・「いいもの聴いたな~明日も頑張ろう。」そんな気持ちになれる名盤ですよ。