本日は、カール・カールトン「シーズ・ア・バッド・ママジャマ」をレビューします。

80年代当時ディスコ通いしていた遊び人の方々には、おなじみの大ヒット曲ですね。

 

カール・カールトン

Carl Carlton「She’s A Bad Mama Jama」1981年

Carl Carlton「She’s A Bad Mama Jama」

サウンド効果

パワーギャル

哀愁ただよう粘っこさ

Carl Carlton・・・ジャケットはエグイけど、すっごくFUNKY!

これまたスゴいジャケットだなあ~。知らない人は絶対にスルーしちゃうんじゃないかな?いくらなんでももう少しジャケットに金かけられなかったのかな・・・?

でも良い子はジャケットで差別してはいけません。このカール・カールトン・・・内容は秀逸なんです。 A-1の「Sexy Lady」から始まる粘っこ~いファンクのオンパレードがアナタの腰をグラインドさせまっせー。

プロデューサーは、R&Bシンガー「レオン・ヘイウッド」。彼が作り出す重くセクシーなファンクとカール・カールトンの哀愁ただよう粘っこい歌声が絶妙~にマッチしたダンクラ名盤です。

 80年代の大ヒット!「シーズ・ア・バッド・ママジャマ」!

それにしてもB-1の「She’s A Bad Mama Jama」は流行ったなあ~。

俳優の長坂周ちゃんも踊ってた・・・

80年代初めと言えば当時ボクは大学生。同級生には俳優をやっている長坂周(チカ)ちゃんなんかがいて、ウォークマンなどという文明の利器を使ってよくディスコミュージックを聴いて踊りまくっていたな・・・。

彼のお気に入りの一曲は決まってこの「She’s A Bad Mama Jama」で、それはそれはとってもファンキーに踊っていた(チカちゃんは相当ダンスがうまかった)。ボクも当時はこの曲が大好きで、カセットテープの片面全部(45分)に録音しまくって必死に歌を練習したりしていましたね・・・。

「She’s A Bad Mama Jama」・・・ディスコでも大変な人気でした!

もちろん、このカール・カールトン!ディスコでも大ヒット!

当時の日本はサーファー・ディスコ全盛期!六本木の「スタジオ・ワン」、渋谷の「キャンディー・キャンディー」、新宿の「カンタベリーハウス」「GBラビッツ」などなどなど・・・、どこ行ってもスロー明けは「She’s A Bad Mama Jama」がかかったりして、大変な人気でした。

 

カール君・・・調子に乗ってないか?

Carl Carlton!全曲ファンキー「ダンクラ名盤」でっせ!

さてカール・カールトン君・・・単なる一発屋かと思ったら実はシンガー歴は長く、60年代から歌手をやっており、「Everlasting 」などのスマッシュヒットも出していたらしい。どうりでなかなか歌がうまい。

だけど、いかんせんルックスのインパクトが強すぎたのか何なのか、「シーズ・ア・バッド・ママジャマ」以降はメジャーヒットに恵まれず、姿を消してしまいましたね(>_<)

ちなみに「シーズ・ア・バッド・ママジャマ」ばかりが取りざたされていますが、

このアルバムは・・・

  • 「Sexy Lady 」
  • 「Don’t You Wanna Make Love」
  • 「I’ve Got That Boogie」

・・・など重くてネバっこいファンクが満載。

そして、スロー「This Feeling’s Rated X-Tra 」だってなかなかグレイト!

というわけで、これは一度は聴いておきたい名盤と言ってもいいんじゃないかな?

 

 

パワーギャル

ブイブイにノレるわよ♡