本日は、The Dramaticsの「Whatcha See Is Whatcha Get 」をレビューします。

ドラマティックスと言えば、名曲バラード「イン・ザ・レイン」有名ですね!

でもボクは、ノリノリのダンス・ナンバー「ホワッチャ・シー・イズ・ホワッチャ・ゲット」が一番好きなんです(≧◇≦)

Watcha See Is What You Get

The Dramatics「Whatcha See Is Whatcha Get」

アダルト・ギャル

リアルに気持ちが揺さぶられる

クラブ「ワルシャワ」で聴きました・・・

90年代初め、東京の芝大門に「ワルシャワ」というクラブがありました。

このザ・ドラマティックスのレコード「Whatcha See Is Whatcha Get 」・・・

そこでDJしてた時に知ったんですよね。

遊び心のある「レア」なクラブでした。

クラブ「ワルシャワ」・・・

2Fが「ロシア料理」を食べられるフロアーで、地下がダンスフロアーになってたんですよ。

で、なぜかダンスフロアーが真っ赤・・・。

ロシアの「赤の広場」を意識したんでしょうね。

残念ながら、いまいち流行らなかった(>_<)

でも、残念ながら、「ワルシャワ」はいまいち流行らなかった。

場所がわかりにくいし、箱は狭いし・・・・。

そもそも、ロシアをモチーフにしていながら、アメリカのダンスミュージックばかりプレイしてた・・・ってのも、シクじったんじゃないかな?

でも、遊び心のある「レア」なクラブだったんですけどネ(〃´o`)=3

名曲「In the Rain」!

・・・で、クラブ「ワルシャワ」のチーフDJ「Sさん」が、

The Dramaticsのアルバムを、良くかけてたんですよ。

特に「イン・ザ・レイン」!

・・・そうとう思い入れの深い曲だったんだろうね。

決まって、スロー・タイムにかけてました^^

身につまされる「名曲」( ;∀;)

でもコレ、確かに、とてもいいスローですよ。

雨の降るイントロで始まって・・・

「I wanna go outside in the rain~」って、ボーカルが切実に歌うんですよね。

別れを覚悟した男が、雨に打たれてる・・・

こうして文章にすると「クサ~く」感じるかもしれないけど、

実際に曲を聴くと、身につまされますよぉ~( ;∀;)

The Dramatics「In The Rain」

名曲「Whatcha See Is Whatcha Get 」!

そして、私がドラマティックスの中で一番好きな曲は・・・

「ホワッチャ・シー・イズ・ホワッチャ・ゲット」!

1971年ソウルチャート3位。

色々なアーティストがカバーしてる名曲ですね。

  • キャッチーなメロディー
  • リズミカルな演奏
  • 絶妙なコーラスワーク

・・・ノリノリです^^

自然と身体が動いてしまうんですよ!

ディスコ・キッズ

「Whatcha See Is Whatcha Get」の意味って・・・

「見たものがすべて!」

・・・なのかな?

Dramatics「Whatcha See is Whatcha Get」

ダンスもノリノリだし、カッコ良すぎるー!

The Dramatics!ボーカルがイイです!

ザ・ドラマティックス・・・ボーカルがいいですね。

「ワイルド」かつ「スウィート」です。

「アップ」ではノリとパンチがあるし、「スロー」ではリアルに感情を揺さぶってくれる。

人気があるのも当然ですね(^ ^)

ロン・バンクスは逝去

ちなみに、リード・シンガーの1人・・・

ロン・バンクスは2010年3月4日、心臓発作のため亡くなったとのことです。

58歳だったそうで・・・まだお若いのにとても残念です。

 「Whatcha See Is Whatcha Get」各曲!

「ゲット・アップ・アンド・ゲット・ダウン」

しょっぱなから踊らせてくれます。

しぶくてファンキーで、かっこいいダンスナンバー。

「イン・ザ・レイン」

言わずと知れた名曲。1972年ソウルチャート1位。

この曲で人知れず涙を流したソウル・フリークが何百万人いることでしょうか。

ただただ雨の中たたずんで涙を流したい・・・

男はこういうスローが好きなんだと思います。

ぜひ「アナログレコード」で!

・・・というわけで、

The Dramaticsの大ヒットデビューアルバム・・・

「Whatcha See Is Whatcha Get 」!

こんな名盤、ぜひ「アナログレコード」で聴いてもらいたいですね。

スポンサーリンク