本日は、The Dramaticsの「Whatcha See Is Whatcha Get 」(1972年)をレビューします。

ドラマティックスと言えば、名曲バラード「イン・ザ・レイン」が有名ですね!

でもボクは、ノリノリのダンス・ナンバー「ホワッチャ・シー・イズ・ホワッチャ・ゲット」が一番好きなんです(≧◇≦)

The Dramatics「Whatcha See Is Whatcha Get」

ドラマティックスは、デトロイト出身の5人組ソウルグループ。

テンプテーションズなどと肩を並べる、70年代を代表するグループです。

では、71年の大ヒットアルバム「Whatcha See Is Whatcha Get」について語ってゆきますね。

こんな人にオススメ

The Dramatics「Whatcha See Is Whatcha Get」は、こんな人にオススメです。

  • しっとりしたバラードを聴きたい
  • ファンキー・ソウルが好き
  • 70年代のディスコの雰囲気を体験したい

サウンド効果

このアルバムの醸し出す雰囲気は…

アダルト・ギャル

リアルに気持ちが揺さぶられる

クラブ「ワルシャワ」で知った「Whatcha See Is Whatcha Get 」

90年代初め、東京の芝大門に「ワルシャワ」というクラブがありました。

このザ・ドラマティックスのレコード「Whatcha See Is Whatcha Get 」は、そこでDJしてた時に知ったんですよね。

遊び心のある「レア」なクラブでした。

クラブ・ワルシャワは、2Fがロシア料理を食べられるフロアーで、地下がダンスフロアーになってたんですよ。

で、なぜかダンスフロアーが真っ赤…。

ロシアの「赤の広場」を意識したんでしょうね。

残念ながら、いまいち流行らなかった(>_<)

でも、残念ながら、「ワルシャワ」はいまいち流行らなかった。

場所がわかりにくいし、箱は狭いし…。

そもそも、ロシアをモチーフにしながら、アメリカのダンスミュージックばかりプレイしてた…ってのも、シクじったんじゃないかな?

でも、遊び心のあるレアなクラブだったんです(〃´o`)=3




名曲「In the Rain」!

で、クラブ・ワルシャワのチーフDJ「Sさん」が、The Dramaticsのアルバムを良くかけてたんですよ。

特に「In The Rain(イン・ザ・レイン)」

…そうとう思い入れの深い曲だったんだろうね。

決まって、スロー・タイムにかけてました^^

身につまされる「名曲」( ;∀;)

でもコレは、とてもいいスローですよ。

雨音のイントロで始まって…「I wanna go outside in the rain~」って、ボーカルが切実に歌うんですよね。

別れを覚悟した男が、雨に打たれてる…

こうして文章にすると、クサく感じるかもしれないけど、実際に曲を聴くと、身につまされますよぉ~( ;∀;)

ソウルチャート1位

この曲で、人知れず涙を流したソウル・フリークが何百万人いることでしょうか?

ただ、雨の中、たたずんで涙を流したい…

男は、こういうスローが好きなんだと思います。

1972年のソウルチャート1位です。

ディスコ・キッズ

The Dramatics「In The Rain」

決めポーズがイイ!

名曲「Whatcha See Is Whatcha Get 」!

そして、私がドラマティックスの中で一番好きな曲は…

ホワッチャ・シー・イズ・ホワッチャ・ゲット!

1971年のソウルチャート3位です。

色々なアーティストがカバーしてる名曲ですね。

  • キャッチーなメロディー
  • リズミカルな演奏
  • 絶妙なコーラスワーク

ノリノリです^^

自然と身体が動いてしまうんですよ!

ディスコ・キッズ

「Whatcha See Is Whatcha Get」の意味って…

「見たものがすべて!」なんだろうね。

ディスコ・キッズ

Dramatics「Whatcha See is Whatcha Get」

ダンスもノリノリだし、カッコ良すぎるー!

The Dramatics!ボーカルがイイです!

ザ・ドラマティックス…ボーカルがいいですね。

ワイルドかつスウィートです。

アップはノリとパンチがあるし、スローはリアルに感情を揺さぶってくれる。

人気があるのも当然ですね(^ ^)

ロン・バンクスは逝去

ちなみに、リード・シンガーの1人…ロン・バンクスは心臓発作のため亡くなったそうです。(2010年3月4日)

58歳だったそうで…まだお若いのにとても残念です。 




「Whatcha See Is Whatcha Get 」和訳

では、ドラマティックスの「Whatcha See Is Whatcha Get 」を日本語対訳しますね。

ディスコ・キッズ

この曲、好きなんで。

…意訳ですみませんけど(*ノωノ)

Some people are made of plastic
And you know some people are made of wood
Some people have hearts of stone
Some people are up to no good

プラスチックで作られた人々
そして、木で作られた人々
冷い石の心を持った人々
悪い心を持った人もいる

But baby, I’m for real
I’m as real as real can get
If what you’re looking for is real loving
Then what you see is what you get

だけど、ベイビー!オレは本物
オレは数少ない本物
もし、本当の愛を探してるんなら、
そのままのオレを信じてくれ

What you see (what you see) is what you get
What you see (what you see) is what you get
I said, what you see (what you see) is what you get now, baby
And the real thing is the best thing yet

そのままがすべてさ
そのままがすべて
何度でも言う、おまえが感じたものがすべてさ
そして、本物がやっぱり一番なんだ

You know some people are made of lies
To bring you down and shame your name
But baby, I have good intentions
‘Cause breaking hearts just ain’t my game

ウソで塗り固められた人々もいる
おまえを落ちこませたり、辱しめたりするだろう
だけど、オレはそんなことはしない
ハートブレイクなんて望んでいない

All I want to do is love you
And sugar, I won’t fill you with regret, no, no
and If what you’re looking for is real loving
Then what you see is what you get

オレが望んでいるのは、おまえを愛すること
後悔させたりはしない
もし、本当の愛を探してるんなら、
そのままのオレを信じてくれ




音楽配信サービス

The Dramatics「Whatcha See Is Whatcha Get 」は、中古レコードやCDでも販売されています。

音楽アプリでは、アルバムはApple Musicのみ配信。

ベスト盤は、AmazonやSpotifyで配信されてます。。

音楽配信サービス
Amazon Music Unlimited 一部配信
Spotify 一部配信
Apple Music 配信あり
ディスコ・キッズ

ストリーミングサービスが好きな人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

シスター

ベスト盤などの試聴はこちら!

(Amazonにログインで試聴できます)

The Dramatics

ぜひ「アナログレコード」で!

今回は、The Dramaticsの大ヒットアルバム「Whatcha See Is Whatcha Get 」をレビューしました。

こんな名盤、ぜひ「アナログレコード」で聴いてもらいたいですね。