本日は、知る人ぞ知るレア盤・・・ザ・メルトン・ブラザーズ・バンド「リヴィング・イン・ザ・シティ」をレビューします。

 

The Melton Brothers Band「LIVIN’ IN THE CITY」1979年

The Melton Brothers Band「Livin’ in the City」

サウンド効果

ディスコ・キッズ

のっけから軽快!

 「リヴィング・イン・ザ・シティ」って・・・超レア盤!?

非常に軽快かつ楽しい気分になれるアルバムです。

このアルバム・・・レコードでは非常に希少価値があり、オリジナルプレスはプロモーション盤のため、世界で2千枚もないといわれる超レア盤(中古価格10万円超え)・・・らしいです。

そんな高額なレコードを私が手に入れられるはずもなく・・・そういうわけで、私が聴いているのはレコードではなくCDなんですよね。2011年頃に渋谷のタワーレコードで買ったんですよ。CDの帯には「レア・グルーヴA to Z 掲載の幻のレア音源が、30年以上もの歳月を経て奇跡の初CD化!」と書いてありました。

確かにこのCDは重宝しますよ。かけると場が明るくなるんですよね。職場で良くかけてたんですけど、カメルーン出身の黒人のお友達から「このアルバムいいね~貸してくれない?」なんて言われたりして・・・やっぱり評判良かったですよ。

女性ボーカルがとてもGOOD♪

The Melton Brothers Band・・・ボクはクラブではなく、ディスコ畑の人間だったんで、あまりレアグルーブに関しては詳しくないんですが、日本では「レア・グルーヴA to Z 」というディスク・ガイドに掲載された事などがきっかけで有名になったようですね。

メルトン・ブラザーズという名が示す通り、双子のメルトン兄弟を中心とするローカルバンドなんですが、ほんとアルバムを通してノリがいいし曲がいい。そして、Alfie Mossという女性ボーカルがとてもGOOD♪と~っても暖かくリラックスフルな声!

・・・個人的な回想ですみませんが、昔、ボクが小学生だった頃・・・食パンの耳を油で揚げたおやつをいつも子供らに振舞ってくれていた、あの親切で太っ腹で庶民的でメチャ明るかった近所のおばちゃんを思い出して、思わず懐かしい気持ちがブリング・バックしてしまいます。そんなピースフルな気持ちになっちゃう声なんですよね。

アルバムは・・・スゥインギーなジャズ、哀愁たっぷりなソウル、楽しいジャングルソング、リラックス&ファンキーなゴスペル・・・などなど、随分とイカしてますよ!

ライブ録音なので観客の拍手なんかも入っててノリが良いです。

「I’ll Take You There」も入っとるで!

全曲良いですね (///ω///)♪

  1. Operator
  2. Willingtown
  3. Money
  4. No Regrets
  5. Livin’ in the City
  6. Sail Away
  7. I’ll Take You There
  8. The Kong Song Calypso

ちなみに⑦の 「I’ll Take You There」のオリジナルは、ザ・ステイプル・シンガーズ

これは・・・(≧▽≦)やっぱオリジナルにはかなわないですよね!

「リヴィング・イン・ザ・シティ」!聴くと元気になるで!

というわけで・・・ザ・メルトン・ブラザーズ・バンドの「リヴィング・イン・ザ・シティ」!まったく・・・心がウキウキになりますね~□Do(^-^)

ちょっと元気になりたい方は聞いてみてはいかが?

ちなみに最近、私は、旅する漫画家さんのブログからも元気をもらってます。

バスキングをしながら世界を旅してる漫画家「シミさん」のブログなんですが、まあ、色々ハプニングがありながらも、ギター一本で路上ライブをしつつ、しっかりとオール・アラウンド・ザ・ワールドな旅を続けてるわけなんですね~。

読んでもらえればわかると思うんですが、行く先々で、世界中の人々と、実にい~い感じの交流があって、ほんと読んでいるこちら側も心暖まります!ちなみに寝床は公園が多いようなのでご本人は凍えそうなくらい寒いと思うんですが・・・。

いやあ~それにしても、こういうパワフルな人がいるっていうのを知るだけで・・・勇気が湧いてきますね~(^◇^)