本日は、知る人ぞ知る「レア盤」

The Melton Brothers Band「Livin’ in the City」(1979年)をレビューします。

渋谷のタワーレコードで激オシしてたので、買ってみました。

The Melton Brothers Band「Livin’ in the City」

では、CDを聴いた感想などを書いてゆきます(*^^*)

サウンド効果

ディスコ・キッズ

のっけから軽快!

 「Livin’ in the City」…超レア盤!?

The Melton Brothers Band「Livin’ in the City」…

とても軽快、かつ「楽しい気分」になれるアルバムです。

このアルバム、タワーレコードさんによると、「レコード(アナログ)」では非常に希少価値があるそうです。

中古価格は10万円超え!?

オリジナルプレスはプロモーション盤のため、世界で2千枚もないといわれる超レア盤。

中古価格は10万円超えらしいです。

そんな高額なレコード…私が手に入れられるはずもありません(>_<)

結局、CDで買いました(;^ω^)

そういうわけで、私が聴いているのは、レコードではなくCDなんですよね。

2011年、渋谷のタワーレコードで買いました。

CDの帯には

「レア・グルーヴA to Z 掲載の幻のレア音源が、30年以上もの歳月を経て奇跡の初CD化!」

…と書いてありました。

かけると場が明るくなる^^

確かにこのCDは重宝しますよ。

かけると場が明るくなるんですよね。

職場で良くかけてたんですけど、カメルーン出身の黒人のお友達から

このアルバムいいね!貸してくれない?

…なんて言われたりして(^^♪

やっぱり評判良かったですよ。

「The Melton Brothers Band」って、どんなバンド?

The Melton Brothers Bandは、「レア・グルーヴA to Z」というディスク・ガイドに掲載された事などがきっかけで、有名になったようですね。

「メルトン・ブラザーズ」という名が示す通り、双子のメルトン兄弟を中心とするローカルバンドです。

女性ボーカルがとてもGOOD♪

そして、Alfie Mossさんという女性ボーカルがとてもGOOD♪

と~っても暖かくリラックスフルな声です!

庶民的でメチャ明るかった「おばちゃん」を思い出す…

個人的な回想ですみません。

昔、ボクが小学生だった頃、「食パンの耳」を油で揚げたおやつを、いつも子供達に振舞ってくれてたおばちゃんがいたんです。

親切で太っ腹、そして、庶民的でメチャ明るかった近所のおばちゃん…。

Alfie Mossさんの歌声を聴くと、そのおばちゃんを思い出してしまいます。

なんか、とおても「ピースフル」な気持ちになっちゃうんですよね。




ライブ録音でノリが良い(^^♪

アルバムは、

  • スゥインギーなジャズ
  • 哀愁たっぷりなソウル
  • 楽しいジャングルソング
  • ファンキーなゴスペル

…などなど、ずいぶんとイカしてますよ!

ライブ録音なので、「観客の拍手」なんかも入っててノリが良いです。

「I’ll Take You There」も入っとるで!

ちなみに収録曲 「I’ll Take You There」のオリジナルは、ザ・ステイプル・シンガーズです。

これは…やっぱオリジナルにはかなわないですね!(≧▽≦)

「リヴィング・イン・ザ・シティ」!聴くと元気になる!

というわけで、ザ・メルトン・ブラザーズ・バンドの「リヴィング・イン・ザ・シティ」!

心がウキウキになります~(^-^)

元気になりたい方は聞いてみてはいかが?

関係ないけど…漫画家「シミさん」の紹介

ちなみに最近、私は、旅する漫画家さんのブログからも元気をもらってます。

バスキングをしながら世界を旅してる「シミさん」のブログです。

色々ハプニングがありながらも、ギター一本で路上ライブをしつつ、しっかりと旅を続けてるわけなんですね~。

行く先々で、世界中の人々と、実にイイ感じの交流があって、読んでいるこちらも心暖まります!

ちなみに、寝床は公園が多いようなので、寒いと思う(;^ω^)

ディスコ・キッズ

こういうパワフルな人がいるっていうのを知るだけで、

「勇気」が湧いてきますね~(^◇^)