本日はオシャレでダンサブルなCHIC(シック)の「タング・イン・シック」をレビューしますね!

 

Real People / Tongue in Cheek

CHIC「Tongue in Chic」(1982)

CHIC「Tongue in Chic」

サウンド効果

ヘッドホンギャル

宇宙へ「トリップ」…イッちゃいます。

80sダンクラと言ったらCHIC(シック)でしょう!

シックは独特の浮遊感があるんですよね。

女性ボーカルのあの覚めた声と、ナイルロジャースの?これまた何ともいえない“つぶやくような声”・・・“ウィスパー”と言っていいような声に、いつのまにか引き吊り込まれちゃうんですよね。

それにしても、グッドタイムズ「Good Times」や、おしゃれフリーク「Le Freak」もいいけれど、このアルバム「Tongue in Chic」もかなりいいと思います。

全編を通じて、太いベースラインに貫かれ、思わず体が動いてしまいますヨ。バーナード・エドワーズ(Bernard Edwards)のベースの太いこと!といったら・・・(絶句)!

ディスコヒット「Hangin’(ハンギン)」が超カッコイイ!

CHIC(シック)「Tongue in Chic(タング・イン・シック)」・・・まさに80年代の初期を代表するようなクールでおしゃれな曲ばかり。

NO1は、やはりA-1の 「Hangin’(ハンギン)」!・・・シブすぎる!カッティング・ギターが超カックイイ!

 

CHIC「Hangin’(ハンギン)」リズムギターが超カッコイイ!

宇宙へトリップ!

A-2の「I Feel Your Love Comin’ On」もいいし、B面もVeryGood!

知らず知らず宇宙空間の中に引き込まれ、踊れちゃうのがこの名盤「Tongue in Chic(タング・イン・シック)」!!

 

Real People / Tongue in Cheek

CHIC「Tongue in Chic」

 

ヘッドホンギャル

やっぱり、シックでしょ♡