本日は、FINIS HENDERSON「Skip To My Lou」をレビューします。

メロウなダンクラで人気があったこの曲、ディスコ「Queue」でもハードプレイされていましたっけ・・・。ちなみに邦題は「サマー・スキップ」だそうです・・・。

 

フィニス

フィニス・ヘンダーソン「Finis(真夏の蜃気楼)」 1983年

FINIS HENDERSON「Skip To My Lou」

サウンド効果

アダルト・ギャル

切ない夏の日・・・

知る人ぞ知るダンクラの名曲!「Skip To My Lou(スキップ・トゥー・マイ・ルー)」!

このアルバムジャケットを見て「懐かしいな~」と思った人は、ひょっとしてディスコ関係者ではないだろうか? あるいはディスコの常連さんとか?

このジャケット、普通の人だったら「キモッ!」・・・ただそれだけで終わるはず。でもディスコ関係者や通(ツウ)はこのジャケを見ると条件反射的に・・・名曲!「スキップ・トゥー・マイ・ルー」!!を思い出してワクワクしてしまうのです。

そう。当アルバムの冒頭を飾るナンバー「Skip To My Lou(スキップ・トゥー・マイ・ルー)」・・・83年のクラッシックであるにも関わらず、時代を越えてプレイされ続けているメロウ・ダンサーの名曲。

B.T.エクスプレスの「ハブ・サム・ファン」もかなりのスーパー・メロウ・ダンサーだったけど、こちらのフィニス・ヘンダーソンの「Skip To My Lou」もメロウで哀愁たっぷりの大人気ナンバーでした。

もちろんボクが勤めていたディスコ「Queue」でも連日のハードプレイ。・・・こういうメロウ&アダルトなナンバーってなかなかないんだよね。

フィニス・ヘンダーソン・・・もともとはコメディアン!?

さて、このフィニス・ヘンダーソン、もともとはコメディアンだったらしいんだけど、舞台での歌のうまさが関係者の目に止まり、いきなりアルバムデビューということになったらしい。アメリカってそんなこともあるんだね。

・・・確かにこの人のファルセットヴォイスは熱くて切なくてなかなかイイと思いますが。

このPV笑えます!「Skip To My Lou」のイメージ台無し(≧◇≦)

メロウでAORなアルバム「Finis」!

ところで、このアルバム「Finis」は、E.W.&.F.のギタリストだったアル・マッケイがプロデュースしています。そのためあまり黒っぽい感じではなく、メロウでAORっぽい感じがするアルバムになってます。

  • A-1. Skip To My Lou(サマー・スキップ)
  • A-2. Making Love (メイキング・ラヴ)
  • A-3. Lovers(ラヴァーズ)
  • A-4.You Owe It All To Love (真夏のイマージュ)
  • A-5. Blame It On The Night(夜を彩る地平線)

などを初めとする、メロウで切なげな曲がたくさん入っていて、その手が好きな人にとってはタマラナイと思いますヨ。

ただし、アルバムを通してガッツリ踊りたいという人にとってはモノ足りないのは確か。ダンス・ミュージックと言うよりは、AORとして楽しむアルバムですね。

日本盤とUS盤ではジャケットが違うぞ~

ちなみに日本盤は、こんなに爽やかなジャケットです。

フィニス

さすがにコレ↓じゃあマズかろうということで、差し替えになったんでしょう。メッチャ濃いもんな~(*^_^*)

フィニス

 

・・・と言うわけで、AOR系が好きな人は、フィニス・ヘンダーソン「Finis(真夏の蜃気楼)」をどうぞ!