本日は、Finis Hendersonの「Skip To My Lou」(1983年)をレビューします。

メロウなダンクラで、人気があったこの曲…

ディスコ「Queue」でもハードプレイされてました。

ちなみに邦題は「サマー・スキップ」です。

Finis Henderson「Skip To My Lou」

では、フィニス・ヘンダーソンの「Skip To My Lou」について、語ってゆきますね。

サウンド効果

アダルト・ギャル

切ない夏の日…

知る人ぞ知るダンクラの名曲!「Skip To My Lou」!

このアルバムジャケットを見て「懐かしいな~」と思った人…

ひょっとして、ディスコ関係者では?

あるいは、ディスコの常連さんとか?

時代を越えてプレイされる「メロウ・ダンサーの名曲」

このジャケット、普通の人だったら

「キモッ!」

…ただそれだけで終わるはず。

でも、ディスコのツウは、このジャケを見ると、条件反射的にワクワクしてしまうのです(*≧▽≦)

そうです!

当アルバムのトップを飾る「Skip To My Lou(スキップ・トゥー・マイ・ルー)」!

1983年の曲にも関わらず、時代を越えてプレイされてるメロウ・ダンサーの名曲なんです。




ディスコ「Queue」でも連日のハードプレイ

B.T.エクスプレスの「ハブ・サム・ファン」も、かなりの人気でしたね。

でも、Finis Hendersonの「Skip To My Lou」も、メロウで哀愁たっぷり!

大人気でした。

もちろん、ボクが勤めていたディスコ「Queue」でも、連日のハードプレイ。

ディスコ・キッズ

こういう「メロウなのにで踊れるナンバー」って、ほんとに貴重なんですよね。

フィニス・ヘンダーソン…元コメディアン!?

さて、このフィニス・ヘンダーソン。

もともとは「コメディアン」だったらしいんです。

ですが、歌のうまさが関係者の目に止まり、いきなり「アルバムデビュー」になったらしい(/・ω・)/

アメリカってそんなこともあるんだね。

確かに、Finis Hendersonのファルセット・ヴォイスは、熱く切ない。

…イイと思います。

ディスコ・キッズ

PVが、なんか笑えます!

「Skip To My Lou」のイメージ台無し(≧◇≦)

メロウでAORなアルバム「Finis」!

ところで、このアルバム「Finis」…

E.W.&.F.のギタリストだった「アル・マッケイ」がプロデュースしています。

そのため、あまり黒っぽい感じではなく、メロウでAORっぽい感じになってます。

  • Skip To My Lou(サマー・スキップ)
  • Making Love (メイキング・ラヴ)
  • Lovers(ラヴァーズ)
  • You Owe It All To Love (真夏のイマージュ)
  • Blame It On The Night(夜を彩る地平線)

…などを初めとする、メロウで切なげな曲がたくさん入ってます。

その手が好きな人にとってはタマラナイかも(^^♪

ただし、ガッツリ踊りたいという人にとっては、モノ足りないのは確か。

ダンス・ミュージックと言うより、「AOR」として楽しむアルバムですね。

「日本盤」と「US盤」ではジャケットが違うぞ~

ちなみに「日本盤」は、こんなに爽やかなジャケットです。

さすがに、コレ↓じゃあマズかろうということで、差し替えになったんでしょう。

メッチャ濃いもんな~(*^_^*)

…と言うわけで、

ディスコヒット「Skip To My Lou」を収録した、フィニス・ヘンダーソン「Finis」!

AOR系が好きな人に、オススメします!