本日は、名バラード「サイドショウ」を収録したブルーマジックのファースト・アルバム…

「BLUE MAGIC」(1974年)をレビューしますね。

BLUE MAGIC(Sideshow)

では、BLUE MAGICのファースト・アルバムについて語ってゆきますね。

サウンド効果

アダルト・ギャル

スローはドリーミー、アップは爽やか

とても落ち着く名盤です。

都会の喧噪を忘れ、人生の原点に戻りたい…

そんな時は、このLPを聴くと良いでしょう。

「BLUE MAGIC」を知ったのは、先輩DJがプレイしてたから

BLUE MAGICを知ったきっかけは、彼らの80年代のアルバムを聞いて「なかなかイカしてるんじゃない?」と思ったのがきっかけ。

しかし、本格的に知ったのは浜松町大門のクラブ・ワルシャワのDJ「S」さんが、時々プレイしていて、ジャケットを覚えてたからなんです。

「レコード」って、ジャケットのインパクトがあるよね?

レコードって、ジャケットのインパクトがありますよね。

それで、印象に残ったりすることが多いんですよ。

CDでは、なかなかそういう事は少ないんじゃないかな?

レコードって「視覚」も刺激してくれるんですよ(^◇^)

ディスコ・キッズ

しかし、このジャケット…シンプルだな~。

《BLUE MAGIC》って書いてあるだけだもんな(///ω///)♪。

もろ70年代の香りがプンプン。

でも、内容は良いですヨ。

珠玉のスロー「Sideshow(サイド・ショウ)」!

当時、1987年頃だろうか?

六本木のディスコ「ペントハウス9」に勤めていた時、 スローのメドレーがかかっていたんですよね。

THE BAND OF GOLD」ってアーティストが、昔のスローミュージックをメドレーにして歌っていたんです。

それはそれは、甘く美しい名曲の連続で良かったんです。

…これね(#^^#)

そのメドレーの初っぱなが、このBLUE MAGICの「Sideshow(サイド・ショウ)」だったんですよ。

で、90年代になって、このアルバム「BLUE MAGIC」に出会い、

「あ~、オリジナルはBLUE MAGIC だったんだ!」

…ってわかったんですよね。

シスター

BLUE MAGIC「Sideshow」

なんて滑らかなロボット・ダンス!

ドリーミーなボーカル!名盤でしょ!

「Sideshow(サイド・ショウ)」は、1974年の全米R&Bチャート1位。

ドリーミーなボーカルに魅了されます。

とても落ち着く「名盤」

このアルバムは「Sideshow(サイド・ショウ)」だけでなく、ほかの曲もいいですよ。

「Look Me Up」も、ノリのいい70sのアップナンバー。

ストリングスのかぶさり方が、ちょっとSALSOULっぽい感じで、カッコいいです。

ブルーマジックは、テッド・ミルズのファルセットボイスがいいですね。

彼らの80sのアルバムも持ってますけど、このファーストアルバム「BLUE MAGIC」は、やはり別格(〃´o`)=3

とても落ち着く「名盤」だと思います。

70年代のバラードが好きな人にオススメします。