本日は、BLUE MAGIC(ブルーマジック)のファースト・アルバムをレビューしますね。

 

ブルー・マジック

BLUE MAGIC(ブルーマジック)1974年

BLUE MAGIC

サウンド効果

アダルト・ギャル

スローはドリーミー、アップは爽やか

・・・非常に落ち着く名盤です。 都会の喧噪を忘れ、落ち着きたい、人生の原点に戻りたい時はこのLPを聴くと良いでしょう。

70年代の「BLUE MAGIC(ブルーマジック)」・・・最高!

「BLUE MAGIC」を知ったきっかけは、80sの彼らのアルバムを聞いてなかなかイカしてるんじゃない?と思ったのがきっかけ。 しかし、本格的に知ったのは浜松町大門のクラブ・ワルシャワのDJ「S」さんが時々かけているのを見て、ジャケットを覚えていたから。

レコードってジャケットのインパクトがあるから、それで印象に残ったり覚えてたりすることが多いんですよね。CDではなかなかそういう事は少ないんじゃないかな?レコードは視覚も聴覚も刺激してくれるんですよ(^◇^)

しかし、このジャケット・・・シンプルだな~。《BLUE MAGIC》って書いてあるだけだもんな。もろ70年代の香がプンプン。でも、内容は良いですヨ。

珠玉のスロー「Sideshow(サイド・ショウ)」ロマンチックだ~!

当時、1987年頃だろうか? 六本木のディスコ「ペントハウス9」に勤めていた時、 スローのメドレーがかかっていたんですよね。「THE BAND OF GOLD」ってアーティストがやっていたんだけど、昔のスローミュージックをメドレーにして歌っていて、それはそれは甘く美しいスローミュージックの連続でスゴく良い。

その時のメドレーの初っぱなが、このBLUE MAGICの「Sideshow(サイド・ショウ)」だったんです。で、90年代になってこのアルバムに出会い、「あ~オリジナルはBLUE MAGIC だったんだ!」ってわかったんですよね。・・・というわけで、このLPをさっそく買ったんですよ。

 

BLUE MAGIC「Sideshow」!なんて滑らかなロボット・ダンスなんだ!

ドリーミーなボーカル!名盤でしょ!

このアルバムは「Sideshow(サイド・ショウ)」だけでなく、ほかの曲もいいですよ。

A―2の「LOOK ME UP」もノリのいい70sのアップナンバー。ストリングスのかぶさり方がちょっとSALSOULっぽい感じで、カッコいいです。

ブルーマジック・・・ボーカルのテッド・ミルズのファルセットボイスが滑らかでドリーミーでいいですね。

彼らの80sのアルバムも持っているけど、このBLUE MAGICのファーストは別格ではないかな。非常に落ち着く名盤だと思いますよ。