同僚ウェイターと言えば、ディスコ「ペントハウス9」にはアメリカ人のイケメンがいたんですヨ。

その名はマイケル17才。身長は180センチをゆうに越しスラリとした金髪の美男子でした。

「イケメン」マイケル17才登場!

マイケルは当然のことながらお店で超人気者。すごくファンが多かった。

ボクも外人のイケメンBOYと身近に接するなんてことは初めてだったのでドキドキしていました。

ようやくウェイター業に慣れてきたものの、まだ国際都市「六本木」に慣れたわけではないし、外人さんなんて・・・どう接していいかわからなかった。でも物珍しさもあり友達位にはなりたい・・・なんて思っていました。

居候のオレが外人を居候させる!?

Michael Jackson The Experience

そんなある日、マイケルが珍しくボクに話しかけてきた。

片言の日本語をよく聞いてみると「ボクは今住むところがない。だからもう店をやめなきゃいけないんだ」みたいなことを言って肩をすくめている。

そこでボクはよせばいいのに「オレのところに来れば?」なんて言ってしまったのです。

困っている外人さんを捨ておけないと思ったのと、外人さんに興味があったのと半々ぐらいの気持ちだったんだと思う。

ところがまずいことがありました。当時ボクはダンサーの修行をしていて、師匠であるヒロさんのアパートに居候していたのです。

だから、居候の身でありながら、居候を抱え込んでしまうことになってしまった・・・しかもよりによって外人さんを!

これが非常にマズかった。

 

 

ディスコの想い出TOPへ