ボクはディスコに入社した当時23歳だったんです。

でも、ナンパなんてしたことがない純情な青年でした。

だから、ディスコ「ペントハウス9」に入ってビックリしましたよ。

…あまりの「性」の乱れようにね。

ディスコ業界の「性の乱れよう」にビックリ!

  • 家出娘と○っちゃって性病にかかったりとか
  • ○○才の子を妊○させちゃって親に呼び出されたりとか
  • ○り捨てした女に追いこみをかけられたとか

…そんなのばっかし。

「なんてヤツラだ(*´Д`)=3」

って思いましたヨ。

《ダンサーになる》という大志を抱いてディスコに入ったボクは、

こんな世界には絶対に染まるまい!

…って思ってました。

そんなある日のこと、主任のKさんがボクを「悪の道」に誘い込んだのです。

ブサメン「Kさん」登場!

Kさんは、ディスコ業界では異色の人でした。

…なんつうか「漫才師」みたいな人でした。

ギャルにモテるためには、ふつうは「カッコつける」わけなんです。

でも、Kさんは「笑い」をとってギャルの気をひくという、ディスコの黒服としては珍しいタイプ。

しかし、悲しいことに、このKさんのギャグはぜんぜん受けない。

あまりの寒さにギャルがひいちゃうんです。

また、Kさんは人柄はいいんですが、ルックスがあまりに個性的。

「よくディスコに入れたなあ~」と思わざるを得ないブサメンっぷり。

そんなわけで、Kさんがギャルにモテてるのを見たことがなかったんです。

でも、ある日、そんなKさんがボクに「ナンパのタッグを組もう」と申し出てきたのです。

「ナンパ」を指導されたのはいいんだけど…

「Y君、キミはまだナンパをしたことがないだろう?私がひとつ指導をしてやろう。」

…なんてKさんは言ってきた。

Kさんは自分のブサメンぶりを自覚しているようで、それを化粧でゴマかしていたんです。

でも、ほとんど「ただ塗りたくってるだけ」なので、逆にブサイクに拍車がかかってる。

そんなKさんがナンパの指導…?

でも、この業界は縦社会だから、先輩を立てないといけない。

ボクは「ご指導よろしくお願いします。」と答えました。

「よおし!じゃあまず、あの2人組のギャルに声をかけるぞ!Y君、よおく私のテクニックを参考にするように。」

…などと言って、Kさんはさっそくギャルに声をかけに行った。

店のボックスシートで、Kさんとギャルがなにやら話してるのが見える…。

また、つまらないギャグをぶちかましているようだ。

ギャルは「え~」なんて言いながら笑ってる。

果たして結果は…。

Kさんの「二股ナンパ術」に驚愕する

Kさんは戻ってくると得意げに言った。

「Y君、あの娘たちとは、朝5時にアマンドで待ち合わせだ。仕事が終わったら行くぞ!いいね?」

…と、胸を張る。

おお!なんだかんだ言ってもさすがディスコの主任。

しっかりと約束を取り付けているんだな…。

ボクが感心していると、畳み掛けるようにKさんは言った。

「Y君、次はあの2人組に声をかけてくるぞ!」

えっ?さっきギャルと待ち合わせの約束したばかりじゃないか!

なにを言ってるんだこの人は?

…ぼくはうろたえました。

「Kさん、さっき、もうギャルを確保したばかりじゃないですか。なんでまたナンパする必要があるんですか?」

ボクが問いつめると、Kさんはこうのたまった。

「Y君、なにを言ってるんだよ。保険だよ保険。もしさっきのギャルが来なかったら困るだろう?こういうものは保険をかけとくんだよ。保険!」

そして、私も「二股ナンパ」の共犯者に!

ボクは、非常に衝撃を受けた!

そんなことアリなのか?

もしさっきのギャル達が約束通り来たらどうするんだ?どちらかをスッポカスしかないじゃないか。

そんなヒドイことしてイイわけないだろう!

これじゃあ二股ナンパだよ!

しかし、ボクの「悲痛な心の叫び」にまったく気づかないKさんは、すでに次の2人組に声をかけている。

しかも、ボクのほうを指さしてニコニコしている。

きっと「あいつも来るんだよ」なんていってるんだろう。

ああ…どうしよう。ボクも二股ナンパの共犯者だ。

ボクは良心がとがめてとがめて仕方がなかった。