ボクは23歳の時に大学をやめて、ディスコ業界に入りました。

きっかけは、マイケル・ジャクソンの「スリラー」です。

80年代初めに、MTVでスリラーのビデオを見て、不覚にも衝撃を受けてしまったのです。

「スゴいダンスだ~!(卒倒)」

マイケル・ジャクソン「スリラー」と出会ってディスコに就職!

夢はファンキーダンサーだった

実は…高校生の頃からディスコで遊んでいたボクは、「何とかダンスがうまくなれないものだろうか?」と思っていたんです。

ディスコのダンスフロアーで、ビンビンに踊るファンキーでカッコイイお兄さんお姉さんの姿を見るたびに、

  • あんなカッコ良く踊れたら
  • あんなにバッチリとリズムにのれたら
  • あんなに音楽と一体化できたら

…どんなにいいだろう!と思ってました。

いつの間にか、ボクも

「ディスコダンスをうまくなりたい!」「オーディエンスの注目を一身に集めたい!」

…と妄想を激しくするようになっていました。

しかし大学に入ってからというもの、サークルだ、コンパだ、麻雀だ、などと遊び惚けているボクは、ダンスと無縁になりつつあったんです。

ただダラダラと、何の目的もなく毎日を過ごしていました。

そんなある日、見てしまったのです!衝撃映像を!

それがマイケルジャクソンの「スリラー」でした!

スリラーに「核弾頭クラスの衝撃」を受ける

スゴイ動きだ!踊る踊る!

マイケルの超一流ダンスに圧倒されただけでなく、バックダンサーの動きも目を見張るほど素晴らしい。

それにダンス構成も、ストーリー構成も、何度見てもあきないほど、うまくできていました。

「スリラー」!まさにミュージックビデオの金字塔と言うしかない!

これがボクの闘魂に火をつけたのです。

「ボクもマイケルのようにスーパーダンサーになりたい!」「いったいどうすればいい?」

大学など行っている場合ではないいっーー!

大学をやめ、ジャズダンス・スタジオへ入門

そしてボクは、すぐ赤坂の「ヒロ・ジャズダンス・スタジオ」に入門したんです。

新進気鋭の若手ダンサー後藤宏行さんに弟子入りしたのです。

しかし、ダンサーの練習生には、毎週のレッスン代や公演のパー券ノルマなどがありました。

それをなんとかするために、ボクは大学をやめバイトを始めました。

しかし、アルバイトが続かない

で、ヒロさん(後藤宏行さん)のアパートに居候をさせてもらい、

  • そば屋の小僧
  • 魚屋の配達
  • ピンサロのボーイ

…など、色々なバイトを渡り歩きました。

しかし、バイトが続かなかったんです。

実は、ボクはスゴク飽きっぽい性格で、熱しやすく冷めやすかったんです。

そこで考えました。

バイトしながらダンスの練習になる、そんな都合のいいバイトはないかな?

それなら飽きずに続くんだけどぉ…。

とんとん拍子でディスコに就職

で、アルバイト・ニュースを見ていると…【ディスコのウェイターの求人】がのってたんです。

「これだ!!!」

ディスコで働けば、うまいダンサーの踊りも見れるかも!

ダンスの向上には一石二丁だ!こんなドンピシャのバイトはほかにない!

ボクは、その日に六本木の千葉ビル9Fにある「ペントハウス9」というディスコに面接に行きました。

で、無事採用となり働くことになったんです。

しかし、ディスコ従業員は「未成年」の集まりだった!

当時のボクは、うら若き23才。

しかし、このディスコ・マネージャーはなんと19才。

まわりの先輩ウェイターも18、19才なんてザラ。

なかには17才なんてのもいました。みんな年下です。

このディスコはヤングな未成年者の集まりでした。