ボクは、六本木の千葉ビル9Fにある「ペントハウス9」というディスコに面接に行きました。で・・・無事採用となり働くことになったんです。

ディスコに就職・・・イビられる

ボクはあまりにダサかった

スニーカーの本―この1冊で「スニーカー」の基礎知識が丸ごと身につく (Town Mook)

当時のボクはファッションにこだわらず・・・、というかはっきり言って今だから断言できるのですが「難民」のようなカッコをしていました。ボロGパンに貰いもののTシャツ、ニッキュッパ(2980円)のインチキスニーカーを履いていたんです。

六本木の住人から「おまえみたいなセンスのないヤツは六本木から出てけ!」と言われてもしかたないようなみすぼらしいカッコでした。だからかどうかわからないけど、同僚ウェイターでボクをイジメる奴がいたんです。それがRというウェイターでした。

天敵「R」

Young Americans [ENHANCED CD]

Rはハーフのような顔立ちで女性客に大人気でした。Rに会うためにディスコ「ペントハウス9」に通っているというお客も多く、まるでジャニーズのスターのような存在でした。当人もそれを鼻にかけていて、天狗になっている感じがありましたね。まあ、悪い人ではないと思うんですが、性格的にも目立ちたがりのエエカッコしいだったんでしょう。でも、なぜかこのRからボクは目をつけられ毎日イビられたのです。

ホールに立っていると、ボヤボヤしてるんじゃねえ!みたいなことを毎度言われるし、何かにつけ文句をつけられ、怒鳴られ、その上ボクの悪口をRは周りに言い触らしているようでした。まあボクがRに媚びなかったからそれが気に食わなかったんでしょう。確かにボクは誰にも媚びませんでした。特にイバッてるヤツは大嫌いだったので・・・。だからそれがイジメられた理由としてはかなり大きかったんだと思います。

難民の逆襲

東京難民(上) (光文社文庫)

そこで、ボクは逆襲をすることにしました。ホールではRに仕事をさせない位、さっさと動きました。

また当時のディスコは外でカード(割引券)を配っていました。男性3000円女性2000円などと記された小さなカードなんですが、それをフロントで見せると料金が割引になるんです。ボクはビラを配る時も一生懸命配ったので、ボクのカードでどんどんお客さんが店に来るようになりました。一方、Rはカード配りなんかバカらしくてやってられるかみたいな態度だったし、そもそもカード配りをさぼってどっかに遊びに行ってたみたいなので、当然、集客に差がついたのです。

ボクはフロントに評価されるようになり、Rは目をつけられるようになりました。まあそもそもRはその天狗っぷりが皆に嫌われていたようでしたので、これを機会に叩かれだしたとも言えます。

Rの恫喝を返り撃ち

喧嘩商売(24) (ヤングマガジンコミックス)

そしてある時、とうとうRは暴挙にでたのです。営業中、ボクにケンカを売ってきたんです。胸ぐらをつかまれキッチンに連れていかれたボクは、Rに「この野郎、おまえ何で言うこと聞かねえんだ」と罵声を浴びせられました。なので、ボクは言ってやったんです「ふざけるな。なんでおまえの言うこと聞かなきゃならねえんだ?あーっ(怒)?」

Rはキョトンとした顔をしていました。ふだんおとなしいボクから反撃を食らうなんて思ってもみなかったんでしょう。Rは恫喝しようと思ったら、逆に恫喝されてしまったというドジを踏みました。

Rのトンコ(とんずら)

そんなことがあってしばらくしてRは店に出てこなくなりました。あまりに目にあまるRの勝手な振る舞いにフロントサイドは首を切ろうと思っていたようでしたが、その前にRは店に来なくなりました。

しかし、さすがにRはただではやめませんでした。自分の派閥みたいのを作っていたRはその派閥のウェイター全員とともに店に来なくなったのです。まるで労働組合のストライキみたいなことをやりやがったのです。

でも、店もだまっちゃいません。ウェイターを個人的に切り崩して行き、結局店に来なくなったのはRを含むウェイター1、2人といった結果になったんです。

このようにボクのディスコ初デビューは同僚ウェイターとのしのぎをけずる戦いでした。

 

 

ディスコの想い出TOPへ