本日は、スマッシュ・ヒット「Here I Am」を収録の、ダイナスティー「ザ・セカンド・アドベンチャー」をレビューしますね。

 

Dynasty「The Second Adventure」1981年

Dynasty「The Second Adventure」

サウンド効果

ファンキーギャル

のんびりとした気持ちになってくる。

Dynasty「Here I Am」!最高のダンクラ!

なんといっても、しょっぱなの曲「Here I Am」最高ですね!

ノリが良くて、爽やかで、ダンサブル!そして、切れのいいホーン!伸びやかなコーラスワーク!ドラムもリズムギターもほんと~にノリノリ!

1981年といえば、ボクが高校生の頃です。・・・福山市のディスコ「フラミンゴ」で、良くこの「Here I Am」がかかってたんですよ。でも、「いい曲だな~」と思いながら、30年間も誰の曲かわからなかったんです。

今回、ダイナスティーのこのアルバム「The Second Adventure」を購入して、初めて「これか!」ってわかりました!いや~うれしかったですよ。なにせ30年ぶりに発見したんだからね。

プロデュースはレオン・シルバースⅢ!

さて、このダイナスティ・・・リーダーは Leon SylversⅢ。この人は、WhispersやShalamarなど色々なグループのアルバムをプロデュースしてますが、明るくて良い感じの仕事をしますよね。

今回は、なぜかダイナスティーのメンバーになっちゃってます。

シャラマーと似てるね・・・(‘_’)

当アルバム「The Second Adventure」はDynastyのアルバム3作目です。

・・・最初聞いた時は、同じソラー・レーベルのシャラマーと間違えそうになりました。曲調も似てるんだけど、女性ボーカルの声が、シャラマーのジョディー・ワトリーにとても良く似てたんですよね。

ダイナスティーは、どの曲をとっても女性ボーカルがいいですね。声が個性的です。また、ミディアム・ナンバーものんびりした感じでGOOD!思わず「ポカーン」としてしまいますね。

他の曲もダンサブルでなかなかのもの。何でメジャーになれなかったんだろ?シャラマーとカブッってしまったのでしょうか!? (●`Д′●)

 まあ、しかし、誰が聞いてもA-1の「Here I Am」は最高にグレイトなダンクラです!オススメします。