本日は、80年代のディスコシーンでは決して欠かすことのできないボーカル・グループ「ウィスパーズ」から・・・83年のアルバム 「ラブ・フォー・ラブ」をレビューしますね。

 

Love for Love

The Whispers「love for love」1983年

The Whispers「love for love」

サウンド効果

アダルト・ギャル

おしゃれにノったあとは、スローで至福を味わう

やっぱり「Whispers」ってオシャレやね!

The Whispers「love for love」!このアルバム・・・どこを切っても、ウィスパーズですぜ!

ダンス・ナンバーは、ベースの効いた曲でタイトにおしゃれに踊れるし、そして・・・スローはロマンチックなひとときを過ごせてまさに至福!

アップ・ナンバーでは、ダイナスティーなどのおしゃれなグループの曲をプロデュースしているあのレオンシルバースⅢがプロデュースに加わってますね。セカンド・ウインドで有名なあのアル・ジョンソンも参加しているようです。

The Whispers 「Keep On Lovin’ Me」とってもオシャレなミディアムナンバーです(*^^*)

次から次へと至福のスローが飛び出す!

いやあ~(^ ^) ウィスパーズにはロマンチシズムがありますネ。

どことなく郷愁をともなうようなメロウな感じ・・・だけど、同時に暖かく豊かな気持ちになるような・・・そんな良い曲が多いです。そして、なんと言ってもリードボーカルの声がとってもドリーミー!!

このアルバム 「ラブ・フォー・ラブ」は、アップもカッコイイ上に、次から次へと至福のスローが飛び出してきます! いつか恋人と2人で過ごす時のために、是非持っておきたい名盤ですね。