本日は、《ダンクラマニア》の方ならたぶん知っている…O’Bryan「You And I」をご紹介します。この方、ビジュアルは濃いですが、なかなか歌が爽やかで良いのですヨ。

 

obraian

O’Bryan「Doin’ Alright/You & I」1983年

※CDではダブルアルバムになっちゃってます。

O’Bryan「You And I」

サウンド効果

ファンキーギャル

意外と爽やか!

エレクトリック・ファンクの名盤か!?

ジャケットは暑苦しいんだけど内容はとっても爽やか。朝聴いてもイケます。 アップもスローもいい感じにメロウな上にブラコン特有の暗さがないのがイイですね。

全体的にエレクトリック・ファンク色が強いのでその手が好きな方はオススメ。駄曲は一曲もなし!・・・名盤認定したくなるなぁ~(>_<)

「Soul Train’s A’ Comin」・・・流行ってた?

このアルバム「You And I」の中の「Soul Train’s A’ Comin(ソウル・トゥレイン・ア・カミン)」が、六本木のブラックディスコ「Queue(キュー)」では、しょっちゅうかかっていましたね。

流行っていた・・・と言うよりDJのTさんが、オブライアンとかエムテューメとか、マイナーなダンスクラッシックが大好きで、個人的にかけまくっていたんだと思う・・・。

だから、この曲「Soul Train’s A’ Comin」は、とても印象に残ってて、自分でもLPを買って良く聴いていました。 ・・・他のディスコでも流行っていたんだろうか?

スロー「You And I」が甘く切なくGOOD!

このアルバムはアップの2曲の破壊力が素晴らしいんですが、スローの「ユー&アイ」はそれ以上に良いんです。オブライアンが甘く切なくしっとりと歌い上げてくれます。

この曲、オリジナルはスティービ-・ワンダーなんですが、オブライアンが歌うとなかなかしんみりとした雰囲気があってグッときますネ。オリジナルはちょっと古い感じなんですが、こちらは編曲が80年代風でグッド!別の曲?と思ってしまいます。

ジャケットは暑苦しいけど内容は爽やか!

アップはいずれも重くて固いエレクトリックベースが腰を直撃。なかなか踊らせてくれます。おすすめは「I’m Freaky 」「Soul Train’s A’ Comin」。音の厚みがすごい!また、唯一のインスト「Soft Touch」も爽やかでかなりイイです。

ジャケットは、赤い革ジャンから胸毛をはだけたお兄ちゃん(^◇^)・・・ムチャクチャ暑苦しいんだけど、内容はダンサブルかつとっても爽やか!スローもグッド!オススメです。