本日は、《ダンクラマニア》の方ならたぶん知っている…

O’Bryan「You And I」(1983年)をご紹介します。

この方、ビジュアルは濃いですが、なかなか歌が爽やかで良いのですヨ。

obraian

O’Bryan「You And I」

では、O’Bryan「You And I」は、どんなアルバムでしょうか?

サウンド効果

ファンキーギャル

意外と爽やか!

エレクトリック・ファンクの名盤!?

オブライアンの「You And I」!

ジャケットは暑苦しいんだけど、内容はとっても爽やか。

ディスコ・キッズ

朝聴いてもイケます。

ブラコン特有の暗さがないのがイイですね。

全体的にエレクトリック・ファンク色が強く、その手が好きな方はオススメです。

名盤認定したくなるなぁ~(>_<)

スーパー・ファンク!「Soul Train’s A’ Comin」!

特筆すべきは「Soul Train’s A’ Comin(ソウル・トゥレイン・ア・カミン)」!

無茶苦茶カッコイイFUNKですよ~。

六本木のディスコ「Queue」で良くPLAYされてた!

この曲、六本木のディスコ「Queue(キュー)」では、しょっちゅうかかっていましたね。

流行っていたと言うより…DJのTさんが、個人的にかけまくってました。

シスター

Tさん、マイナーなダンスクラッシックが大好きだったわね。

そういうわけで、この曲「Soul Train’s A’ Comin」は、とても印象に残ってます。

…他のディスコでも流行っていたんだろうか?(;^ω^)

ディスコ・キッズ

O’bryan「 Soul Train’s A Comin」

…ベースがブイブイいってます!

甘く切ない!スロー・バラード「You And I」

オブライアンのこのアルバム…アップの破壊力も素晴らしい。

ですが、スローの「You And I」はそれ以上に良いんです。

オブライアンが、しっとりと歌い上げてくれます。

オリジナルはスティービ-・ワンダー!

「You And I」のオリジナルは、スティービ-・ワンダーです。

でも、オブライアンが歌うと、しんみりとした雰囲気があってグッときますネ( ;∀;)

オリジナルはちょっと古い感じなんです。

でも、O’Bryanバージョンは80年代風でグッド!

「別の曲?」と思ってしまいます^^

ディスコ・キッズ

O’Bryan「You And I」

イントロからグッとくる(#^^#)

ボクはこういうのスキ♡




O’Bryan「You And I」!なかなか踊らせてくれます。

O’Bryanの「You And I」!

アップは、重いエレクトリックベースが腰を直撃!

なかなか踊らせてくれます。

おすすめは「I’m Freaky 」と「Soul Train’s A’ Comin」!

シスター

…音の厚みがすごいわよ!

ジャケットは暑苦しい。でも内容は爽やか!

また、唯一のインスト「Soft Touch」も、爽やかでイイです。

ジャケットは、赤い革ジャンから胸毛をはだけたお兄ちゃん^^

…ムチャクチャ暑苦しい。

でも、内容はダンサブル、かつ、とっても爽やか!

ディスコ・キッズ

スローもグッド!オススメですヨ。