本日は、カルチャークラブの「ウェイキング・アップ・ウィズ・ハウス・オン・ファイアー」をレビューしますね。

 

ウェイキング・アップ・ウィズ・ザ・ハウス・オン・ファイア(紙ジャケット仕様)

Culture Club「Waking Up With the House on Fire」1984年

Culture Club「Waking Up With the House on Fire」

サウンド効果

ヘッドホンギャル

どことなしに元気になる!

「The war song(戦争の歌)」はついつい口ずさみたくなる!

何とも不思議なアルバムです。楽しんで聞いているうちに元気がでてきますよ~。

これって、ボーイ・ジョージの魔術?ジャケットもなんだか魔術的ですしね。

色々なテンポの曲をやっているのですが、どれも親しみやすいキャッチーな曲ばかり。ヒットした「The war song(戦争の歌)」はつい口ずさみたくなるグッド・ソング。

アルバムのダンス度は高くないですが、休日などに聴くと「よ~し出かけようか!」と元気になります。

 

Culture Club 「The War Song」・・・あらためて見るとなかなか深いものがありますね。やっぱり戦争はキツいなぁ~

Culture Club!「ウェイキング・アップ~」!まずまずGOOD(*^^*)

「“女装の麗人”ボーイ・ジョージ率いるカルチャー・クラブ。英国人特有のブラック・ミュージック嗜好が顕著・・・」と、これはアマゾンのレビューの受け売りです(^ ^)。

へえ~・・・ボーイ・ジョージってイギリス人だったんですね・・・。

もちろん、ビルボードチャートの1位になった「Karma Chameleon」が収録されている「カラー・バイ・ナンバーズ」は最強ですけど、こちらの「ウェイキング・アップ・ウィズ・ハウス・オン・ファイアー」もまずまずGOODなのではないでしょうか?

それにしても、カルチャークラブ・・・楽曲の中にメッセージを込める才能は独自のものがありますネ。