80年代で一番好きなFUNKグループは?

…って聞かれたら、

「Con Funk Shun」!って即答する方も多いのでは?

と言うわけで、本日は、Con Funk Shunのアルバム「タッチ」(1980年)をレビューします。

ディスコ・キッズ

このアルバムは、「TOO TIGHT」のディスコ・ヒットで有名ですよね?

Con Funk Shun「TOUCH」

では、Con Funk Shunの「TOUCH」について語ってゆきますね。

思えば、コン・ファンク・シャン…

70年代~80年代を通して、クールなファンクをダンス・フロアーに提供して続けてくれてました。

…などなど

挙げだしたらキリがありません。

サウンド効果

ファンキーギャル

アップはタイト、スローは切ない

「コン・ファンク・シャン」 は良く来日してた!?

Con Funk Shunって、80年代によく、来日してたんですよね。

赤坂の「ムゲン」

「コン・ファンク・シャン」のコンサートを観るため、赤坂のライブハウス「ムゲン」に行った方も多いのでは?

当時、ファンキーなアーティスト達が、よく日本でライブしてたんですよね。

…とは言っても、それはボクの先輩方がフィーバーしてた頃の話。

ボクが「ムゲン」に行きたいと思った頃(80年代後半)には、残念ながら、もう閉店していました。

90年代に、六本木の「千葉ビル」でライブを見た!

でもボクは、コン・ファンク・シャンのライブを見たことがあるんですよね。

あれは90年代の始め頃だったろうか?

当時勤めていたDisco「queue(キュー)」と同じビルにライブハウスがあったんです。

そこにコン・ファンク・シャンが来たんですよね。

もしかしたら、Con Funk Shun名義ではなくて、リーダーの「マイケル・クーパー」名義のライブだったかもしれない…。

ところが、時代は「ハウスミュージック」全盛の90年代…。

案の定、あのコン・ファンク・シャンが来ているというのに、思ったほど、お客さんがいませんでした。

ディスコ・キッズ

なんか、悲しかったですよ。

70s・80sのファンキー世代にとって、コン・ファンク・シャンっていったら「大スター」なのにね。

 Con Funk Shunと言ったら「TOO TIGHT」!

ボクは、Con Funk Shun…大好きなんですよね。

だから、どのアルバムをレビューしようか、迷いました。

でも、 やっぱり「TOO TIGHT(トゥー・タイト)」が入ってる「TOUCH」にしました。

何しろこれは「思い出の曲」なんです。

ボクが高校生のころ、福山市のDisco「フラミンゴ」でよくかかっていたんですよ。

  • ノリが良くて
  • さわやかで
  • シンセサイザーの間奏がカッコよくて

…ずーっと好きだった曲だったんです。

もちろん「TOO TIGHT」はディスコで大ヒット

時代が経っても、ディスコのダンクラとして「不動の地位」を維持してます。

シスター

Con Funk Shun!TOO TIGHT!

いつ聴いても、カッコイイわね!

「LADY’S WILD」と「TOUCH 」もカッコいい!

大ヒットナンバー「トゥー・タイト」は別格として…、

当アルバムの中では、クールでファンキーなナンバーは、「LADY’S WILD」と「TOUCH 」。

かっこよくオシャレに踊らせてくれます。

ディスコ・キッズ

「LADY’S WILD」!

…ファンキーです(///ω///)♪

でも、スローがイマイチかな…

でも、ちょっとだけ残念なのは、

こんなグレイトなダンス・ナンバーを繰り出してくれるのに、スローに関しては妙に「まったり」してる点。

Con Funk Shunって、どのアルバムでもそうなんだけど、スローが切な過ぎ(〃´o`)=3

なので、何もやる気がしなくなっちゃうんですよね~。

それがCon Funk Shunの「持ち味」って言っちゃえば、それまでなんですけど…

でも、ボクはあまり好きじゃない。

ダンクラ好きなら、コン・ファンク・シャン「TOUCH」は要チェック

てなわけで、当アルバム「TOUCH」も、個人的にはスローは要らないなぁ(._.)

アップだけで、テンションをキープしてくれてたら「名盤」だったのにって思います。

とは言え、やはりダンクラ好きだったら

  • 「TOO TIGHT」
  • 「LADY’S WILD」
  • 「TOUCH 」

…の3曲は要チェック!

このためにだけにも、アルバム「TOUCH」は聴いておくべきでは?

…と思うんです(〃’∇’〃)ゝ

ファンキーギャル

やっぱりこのアルバムはグレイトよ♡