本日はShockのファーストアルバム…

「Shock」(1981年)をレビューしますね。

超有名な重量級ファンク「Let’s Get Crackin’」を含むアルバムです!

Shock「Let’s Get Crackin’」

では、ショック「レッツ・ゲット・クラッキン」について語ってゆきますね。

サウンド効果

パワーギャル

クール!

シスター

カッコいい曲ばかりよ!

大ヒットFUNK!「レッツ・ゲット・クラッキン」!

ショックの「Let’s Get Crackin’」には衝撃を受けたものです。

1981年当時、私は新宿の「GBラビッツ」や「カンタベリーハウス」などのディスコで遊んでました。

そこでは、この「Let’s Get Crackin’」がかかると、もうダンスフロアーがFUNKYの嵐

になるんです。

ディスコ・キッズ

チョ~盛り上がってました!

一度聴くと、踊らずにはいられない!

この曲、魔術的なイントロが流れたかと思うと、

ブイブイと唸る「太いベースライン」と「ハンドクラップ」に乗って

「クラッケン!レッツゲット・クラッケ~ン♪」

…って、ボーカルが連呼するんです。

も~う一度聴いちゃうと踊らずにはいられない!

そんな、クセになるダンス・ナンバーなんですよね!!

ディスコ・キッズ

ショック「Let’s Get Crackin’」!

激重ファンクです。

Shockは、白人混成のファンクバンド

この「Shock」というバンドは白人混成の10人グループなんですよね。

リーダーはRoger Sauceと言う、なかなかカッコイイ白人男性です。

AORっぽくてグッドです!

ボクは、白人混成のファンクバンドが意外に好きなんですヨ。

なんかこう…泥臭い中にも爽やかなセンスがありませんか?

それに、ちょっとAORっぽい感じになるのが好きですね(^◇^)

もちろん「Shock」のアルバムも、AORっぽくてカッコイイです!

スローもグレイト!

大体、FUNK系のアルバムって、スローがダメなことが多いんです。

でも、「Shock」はスローも素晴らしい!

「Each And Every Day」は、かなりの名スローですよ。

そこらのボーカルグループなんか足元にも及ばない「歌唱力」ありますネ!

シスター

「Each And Every Day」!

哀愁漂うわね…

「Let’s Get Crackin’」だけじゃない!名曲多数!

アルバム全曲カッコいいですよ!

Let Your Body Do The Talkin’

エレクトリックベースが「ブイブイ」うなる太いファンク!

I Think I Love You

メロウで爽やかなファンク!

ホーンがキレてるし、ボーカルも熱くてGOOD!

Stand Up

これは他の曲と同じようなファンク。

ちょっと変わりばえしないかな?

Shock

P-FUNKっぽい重いサウンドですね。

Let’s Get Crackin’

極太ベースとハンドクラップで思わず腰がうずく。

スーパーFUNK!!

Got To Have Your Love

とてもGOODなメロウ・ダンサー!

女性のバックボーカルが哀愁をそそります。

Each And Every Day

とてもグッとくるスロー!

実にツボを抑えてていいね!

Shock Talk

インストだけど、なかなかいい感じのFUNKに仕上がってます!




ファーストアルバムは「Electrophonic Funk」?

このアルバム…ほんとうは、Shockの2枚目のアルバムだったらしいです。

ファーストアルバムは、1980年の「Electrophonic Funk」と言う自主制作盤らしい。

このレア盤…今は「AFTER SHOCK」として入手可能のようです。

他のアルバムもグッド!

「Shock」って、他にも数枚アルバムを出してますよね?

ボクもセカンド・アルバム「Waves」を持ってました。

なかなかカッコいい曲が入っていて「侮れないな~」って思ったことを思い出します。

…そんなわけで、大ヒット「レッツ・ゲット・クラッキン」が入っているこのアルバム「Shock」!

ダンクラ好きならオススメですし、AOR系が好きな方にもオススメしますヨ(^◇^)