本日は、90年代を席巻した、あのマドンナの「ヴォーグ」をレビューしますね。

 

Vogue

Madonna「Vogue」1990年

Madonna「Vogue」

サウンド効果

パワーギャル

思考停止

麻薬のようにハマッて、体を揺らすだけ・・・
あるいは、ファッションモデルのようにポーズを決めても良し。楽しみ方は人それぞれ。

マドンナの「ヴォーグ」・・・90年代のディスコの幕開け!

マドンナの「ヴォーグ」・・・この曲なしには90年代のディスコの幕開けはなかったのではないでしょうか?

「ディスコ」?・・・いや、当時はもう「ディスコ」と言う言葉が“死語”になってて、「クラブ」というものが流行りだしていましたネ。芝浦に「GOLD」など凄いクラブが出来始めて最先端のお客さんを動員していた頃デス。

芝浦のクラブ「GOLD」のスゴ過ぎる音響!

「GOLD」には、僕も何度も足を運んだんですが、まったくすごいクラブでした。湾岸にある倉庫丸々1棟がクラブなんですね~。バー・コーナーの階とか、ダンスフロアーの階とかがあって、ダンスフロアーは天井をぶち抜きコンクリートの打ちっ放し!それで強烈な音響設備が「これでもか!」という位入ってるわけなんです。だから音が凄くないわけがない。
もう、2、3時間踊っただけで耳が難聴になり、本気で「・・・来るのやめようかな」と思いましたね。

また「GOLD」は“シラフ”で来ても楽しめましたが、“ラリって”来てた客も多かったと思います。とにかくハマる音質・音量でファンを釘づけにしてましたね。

「Vogue」と言えば「ヴォーギング」!!

そんな本格的なクラブでかかっていた数有る“ハウス・サウンド”の中で、まあ一番ポピュラーな曲がこのマドンナの「ヴォーグ」だったと言ってもいいんじゃないでしょうか?

この曲のおもしろいところは、ファッション雑誌のVOGUEなんかと同じように「Strike a pose」・・・つまり「決めポーズ」を取るんですよね。

マドンナの「Vogue」のビデオを見てもらえばわかりますが、ダンサーはみんな「決め決めのポーズ」を取っています。こういうダンス・・・「ヴォーギング」と言ってましたネ。でも、そんな風に踊ってサマになるのは一部のファッションモデル位で、ボクがその頃プレイしていたクラブなんかでは、ほぼ誰もやっていなかったデス。

 

Madonna「Vogue」

「シカゴ・バス・ストップ」を\あり得ない位カッコ良く/サンプリングしちょる!

さて、前置きが長くなりましたが、この「VOGUE」・・・でかいクラブとかで聴くと「凄いハマル」!そんな音です。

低音を強烈にブーストしてます。サルソウル・レーベルの曲「シカゴ・バス・ストップ」をサンプリングしているのですが、そのサンプリング・センスが抜群で何ともいえない不思議な雰囲気を醸し出しています。

また、マドンナの淡々とした歌と言うか「しゃべり」がハマりますね。ちなみにプロデュースは以前からマドンナのリミックスを手掛けているシェップ・ペティボーン。いい仕事してますネ~。

女王マドンナ著作権侵害で訴えられる?

ありゃ、マドンナが訴えられてるわ。女王マドンナ著作権侵害で訴えられる! 22年前の大ヒット曲「ヴォーグ」に無断サンプリング疑惑⇒女王マドンナ訴えられる

今更・・・なんで??まあ、無断使用した側も良くないけど、今になって訴えるサルソウル・レコード・・・どうなってんの?