本日は、Kool & The Gang の「Ladys Night」(1979年)をレビューしますね。

タイトル曲の破壊力がスゴイです。

踊らずにはいられないディスコヒットの名曲です。

Kool & The Gang「Ladys Night」

Kool & The Gangの「Ladys Night」は、

  • 全米R&Bアルバム・チャート No.1
  • プラチナディスク

…になった名盤です。

では、レビューしてゆきますね。

こんな人にオススメ

「Ladys Night」はこんな人にオススメです。

  • 70年代のディスコヒットを聴きたい
  • ノリノリで踊りたい
  • 昔のディスコの雰囲気を体験したい

サウンド効果

このアルバムの醸し出す雰囲気は…

ヘッドホンギャル

だんだんノッてくる。踊らにゃ損々!

(タイトル曲の波動です)

クール&ザ・ギャングとは?

クール&ギャングは、50年以上のキャリアを誇る、アメリカの代表的なファンクグループです。

60年代,70年代は、ロバートとロナルドのベル兄弟を中心に「インストFUNK」をやっていました。

「Funky Stuff」「Jungle Boogie」が大ヒット

1973年には、アルバム「Wild & Peaceful」収録の「Jungle Boogie」などが大ヒットになり、今だにディスコやクラブを盛り上げています。

ディスコ・キッズ

「Wild & Peaceful」は、USゴールドディスクに輝いた名盤です。

「レイディーズ・ナイト」から、James “J.T.” Taylorがボーカルに!

79年の当アルバム「レイディーズ・ナイト」から、James “J.T.” Taylorがボーカルをとり始めます。

その後、「Celebration」「Fresh」などのヒットを飛ばし、アース・ウインド・アンド・ファイヤーとともにディスコの黄金時代を作りあげてゆきます。




プロデュースはデオダート

Kool & The Gang「Ladys Night」のプロデュースはEumir Deodato(デオダート)です。

ジャズ・フュージョンでは有名なミュージシャンですね。

ディスコ・キッズ

こんなカッコイイ曲を作ってる人です。

名曲「Ladys Night」

タイトル曲の「Ladys Night」

この曲は不思議なパワーがあるんですよね。

気がついたら踊ってた!

最初はなんかドンくさい感じだけど、だんだんイイ感じになってくるんです。

曲調がどんどん変わってきて、いつのまにかノセられてしまうんですよ。

シスター

「気がついたら踊ってました」って感じ💛

しかも、演奏時間が6分以上あり「聴き応え」があります。

ディスコでは定番

ボクが働いてたディスコQueueでも、「Ladys Night」はしょっちゅうプレイされてました。

ベースは野太いし、ホーンはキレキレ。

ボーカルのJTもノリまくってます。

ディスコ・キッズ

ファンクが好きな人には、こたえられない名曲ですよ。

Kool & The Gang「Ladys Night」他の曲

では、アルバムの他の曲もご紹介しましょう。

でも「Ladys Night」がグレート過ぎるので、他はカスんでしまってます…。

Hangin’ Out

サビの部分がカッコイイ。

この曲もノレますよ。

Too Hot

静かな感じのミディアムナンバー。

  • Lauryn Hill「All My Time」
  • Little Shawn「Dom Perignon」

…などのサンプリングネタとしても有名です。

音楽配信サービス

Kool & The Gang「Ladys Night」は、中古レコードやCDでも販売されています。

また、以下の音楽アプリでも配信されていますよ。

音楽配信サービス
Amazon Music Unlimited 配信あり
Spotify 配信あり
Apple Music 配信あり
ディスコ・キッズ

ストリーミングサービスが好きな人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

シスター

アルバムの試聴はこちら!

(Amazonにログインで試聴できます)

Kool & The Gang「Ladys Night」

まとめ

今回は、Kool & The Gangの名曲「Ladys Night」をレビューしました。

アルバムとしてはまずまずといった感じです。

でも「Ladys Night」が凄すぎて、この一曲だけで大満足!

ボクもこの曲のためだけにレコードを買いました。

ぜひ、みなさんも聴いてみてくださいね。