本日は、知る人ぞ知るダンクラ「Fun City」収録、ヴァーノン・バーチの「ステッピン アウト」をレビューしますね。

 

vernon

Vernon Burch「Steppin’ out 」1980年

Vernon Burch「Steppin’ out 」

サウンド効果

ノリノリギャル

突き抜ける!

のっけからノリノリ!Vernon Burch「Steppin’ out 」!

ヴァーノン・バーチの1980年のアルバム「Steppin’ out 」!

うねりはじけるベースライン!シャープなトランペット!ドラムとベースが走る走る!リズムギターが刻む刻む!ボーカルも冴えてます!

ヴァーノン・バーチも調子に乗って「アォーッ」とシャウト!のっけからノリノリです。

 

Vernon Burch「Steppin’ Out」・・・ベースがビンビン!

「GET UP」より「STEPPIN OUT」の方が好き!

ぼくは「GET UP」が入っている前作より、こちらのアルバムの方が好きなんです。前作は全体的に泥臭いファンクなんですよね~。

もちろん、それが好きな人はいいんですが、ボクはタイトでシャープな曲が好き!だから、このアルバム「STEPPIN OUT」がイイんだな~。

※コラチ(^ ^)は「GET UP」です

ゲット・アップ

ダンスクラシック「Fun City」収録!

A-1の「Steppin’ Out」もベースビンビンでカッコいいけど、B-1「Fun City」もすごくファンキー!もう・・・知る人ぞ知るダンクラなんです!

ちょっと「おもちゃのチャチャチャ」にベースラインが似ているけど・・・不思議とのれちゃうんですよね!

でも、「Steppin’ Out」や「Fun City」だけじゃありませんよ~。このアルバム・・・最後までのせてくれます、 聴かせてくれます。

ヴァーノン・バーチは “バーケイズ” の一員だった!?

プロデュースはJAMES GADSON!何かと名前を良く見る名ドラマーですね。

ところで、Vernon Burchは “バーケイズ” の一員だったんですってね。(どうりでちょっと「ファイアー」な感じがあると思った。。。)

Vernon Burch「Steppin’ out 」・・・「Fun City」のためだけでも貴重!

さて、ヴァーノン・バーチと言えば・・・ソロになって発売した1979年の 「Get Up」 がディスコを中心に大ヒット!・・・ 六本木のディスコ「キュー」でも何かと言うとかかりまくっていました。

しかし、「Get Up」も良いですが、ダンスクラシック「Fun City」収録のこのアルバム「Steppin’ out」もGoodかつレア盤です!ぜひ見かけたら手に入れてみてください。

・・・とは言っても、CDでは販売されていませんね(*´Д`)=3