今日は、当時勤めたディスコを思い出しながら、

「ディスコのウェイターの仕事」を振り返ってみたいと思います。

最初に勤めたディスコは「ガキんちょ」ばっか!

ディスコって…大人の社交場かと思ってました。

しかし、ボクが勤めていた「ペントハウス9」は、いわゆるガキんちょばかり集まるディスコだったのです。

「マハラジャ」とか「キング&クイーン」などのアダルトなディスコとはぜんぜん違います。

従業員もガキならお客さんもガキだらけ。

10代の子とか、家出娘とか、「どーみても高校生?」みたいなのがいっぱい来てました。

そんな中で、イケメンのマイケルとか、ジャーニーズ系のRとかが、スマイルを振りまきながら、きらびやかにカクテルを運んできたりするわけだから…もうタイヘン。

もう、彼らイケメンはモテまくりデスヨ。

「派手な演出」で、ギャルの気を引くウェイター

カクテルには「ブルーハワイ」なんていう、コバルトブルーのトロピカルドリンクがあったんです。

で、これをオーダーされると「特殊な演出」をしてたんですよ。

どんなのかって言うと、火のついた花火を、まるでバラのように口にくわえて、お客さんのテーブルまで行くんです。

そして、テーブルの上で、カクテルに添えてあるパイナップルに、その花火を刺すんです。

今から考えると、そんな火花が飛び散ってるドリンクをお客さんの前に出したら、

服をこがしちゃうんじゃない?

…って心配になっちゃいます。

でも、当時は、そんなことゼンゼン気にならなかったんですよね。

これをすると、ギャルたちからスゴく喜ばれました。

でも、よくこんなこと、ハズかしくもなくできたなあ~…って今は思う。

「金ピカファッション」でギャルの目をひく

で、ボクが勤めてたディスコの格好といったら、ピッカピカの「金色ファッション」

当時は吉川晃司とかが流行ってて、ウェイターも化粧したりしてたんですよ。

ド派手に化粧して、ゴールドの宇宙服みたいなの着て…

「六本木でそんなコッテコテなヤツはいねえよ!」

って、今となっては思うんですが、当時はそんなので良かったんですね~。

なんかもう…ほんとにおおらかな時代ですよ。

で、ダンスホールが盛り上がってくると、ウェイターの中で人気のある野郎たちがお立ち台にのって踊りまくるんです。

これがコギャルには大受け。

…もちろん大人の客は眉をひそめてましたよ。

やっぱり男の踊りなんざ見たかあないですよね。

ボクも思ってましたよ…

「ケッ!コイツらチャラチャラしやがって(;^ω^)」

って(ゴメン)。