本日は、ユーリズミックス「タッチ」をレビューします。

ユーリズミックスと言えば「Sweet Dreams」や「There must be an Angel」が大ヒットしましたね。どことなく不思議なエレクトリック・ポップを奏でるユニットですヨ。

 

Touch

Eurythmics「Touch」 1984年

Eurythmics「Touch」

サウンド効果

パワーギャル

気持ちが落ち着き充電される。

ユーリズミックス・・・クールです!

「ユーリズミックス」はアニー・レノックスとデイヴ・スチュアートによるイギリスのユニットです。

この人達・・・独特の世界がありますね。シリアスな中にありながら「脱力」しているというか、絶望の中にいてもパワーを持ち続けているというのか・・・。こういうのが、パンクやハードロックの「神髄」なのでしょうね。

ボクはまったくそっち系には疎いんですが、ユーリズミックスは、エレクトリック・ポップでありながらも「パンクのパワーとクールさ」を隠し持ったユニットなんだろうな~と思います。

Eurythmics「Here Comes The Rain Again」・・・何かこの曲好き♪

ディスコでは「There must be an Angel」が大ヒットしましたね!

ディスコではアルバム「Be Yourself Tonight」の中の「There must be an Angel (ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル)」が流行りましたね。さわやかなダンスナンバーで大人気でした。

TVドラマ「危険な関係」の主題歌にもなったらしい・・・(ボクは知らない)。また、結婚披露宴でよく使われる洋楽定番曲らしいですヨ。

Eurythmics「There Must Be An Angel」・・・ちなみにハーモニカはスティビー・ワンダーです。

Eurythmics「Touch」・・・なかなかハマリますヨ

「There Must Be An Angel」は本当に流行りましたが、しかし、アルバムとしては今回ご紹介している「Touch」の方が断然グレイトだと思います。音の抜けはいいし、アルバムとしての充実感が抜群です。

加えてこのジャケット・・・リードボーカルのアニー・レノックスさんが「怪傑ゾロ」のようなマスクをして不思議なポーズを取っているでしょう?なんだか妙に惹かれるんですよね。で、この方のボーカルを聴いていると、なんだか気持ちが落ち着いてくるんですね~。

ということで、このアルバム・・・ハマります。なかなか深いパワーがあると思うヨ。

・・・次は大ヒットしたSweet Dreams が収録されているファースト・アルバムを聴いてみたいですね。