本日は、オゾンの「リル・スージー」(1982年)をレビューします。

オゾンは、ロサンゼルスのファンク・バンドらしいですネ…。

ファースト・アルバムが、とても爽やかでグレイトだったんですが、

今回の4枚目のアルバム「Li’l Suzy」はムッチャFUNKYです!

Ozone「Li’l Suzy」

では、Ozone「Li’l Suzy」について語ってゆきますね。

 サウンド効果

ヘッドホンギャル

体の芯からノッてくる。

「恋のマイアヒ」ではないよ

「Ozone」と言っても、あのマイアヒサウンドではないよ。

×恋のマイアヒ(これではありません)

○80年代のレア・ファンクですよ~!コチラ!

ozone-lil_suzy

Ozone「Li’l Suzy」!とてもダンサブル!

Ozoneの「Li’l Suzy」は、Dazz Band(ダズ・バンド)をプロデュースした、あのREGGIE ANDREWSが関わっています。

そんなわけで、とってもダンサブルです!

  • 重いビートとベース
  • 軽やかなリズム・ギター
  • ノリノリのホーンとかけ声!

…体が芯から刺激されます(〃´o`)=3




強烈なダンサブルFUNK!

1曲目の「Let The Ozone Take Your Mind」 から、キレの良いホーンと重いビートが続きます!

ディスコ・キッズ

「Let The Ozone Take Your Mind」

う~ん、実にファンキー!

はっきり言って、Ozoneは「ディスコヒット」したわけではありません。

でも、ファースト・アルバムの「Walk on」 をぜひ聴いてみてください!

…こんなノリノリの「インストルメンタル・アルバム」を作ってるグループなんですよ!

そして、80年代になり、今度はこんな強烈な\ダンサブルFUNK/を作っちゃって…

まあ!嬉しいことこの上ない(^◇^)

ジャケットのカバーモデルはジル・ジョーンズ~!

ちなみに目を引くのは、なんと言っても「レコード・ジャケット」ですよね。

ozone-lil_suzy

このセクシーな女性…

どことなくプリンス・ファミリーのジル・ジョーンズに似てますね。

「こういう女性、タイプだな~♡」って、健康な男子なら思うんじゃないかな?

…と思ったら、やっぱ、カバーモデルはJill Jonesでした!(^◇^)

こんなイイ女…

こりゃジャケットが販促…いや「反則」だろ~。

ジャケだけでも、買う価値ありです~\(*^▽^*)/

Ozone「Li’l Suzy」…なかなかグッド~!

ボクの知る限り、当時、ほとんどディスコではプレイされてなかった、この「Li’l Suzy」…

でも内容はGOOD!

FUNKY&パーティー気分になりますね!

見かけたら、手に入れてみてはいかが?