本日は、ザ・ジェッツのアルバム「The Jets」をレビューします。

 

 THEJETS

The Jets 1985年

THE JETS

サウンド効果

ギターギャル

さわやか!元気!

「The Jets」のファーストアルバムに胸キュン!

なんとも爽やかで胸キュンなグループ。11歳~19歳の兄弟姉妹8人で構成されたPOPグループ「The Jets」・・・。 彼らの ディスコ・ヒットはなんと言っても「Rocket 2 U」なのですが、その前のファースト・アルバムがこれ「The Jets」です 。

特筆すべきはA-3「You Got it All」。青春の甘い甘~い恋の記憶がブリングバックされてくるピュアなスロー・ナンバー。そこいらの大人のグループが歌っても、こんなに胸がキュンとしないんじゃないかな?若くてまだ世間の汚れをしらないこの「The Jets」が歌うから静かに胸に沁み入ってくる。本当にピュアだったあの頃に連れ戻してくれる。

自分的には、アトランティック・スターの「オルウェイズ」に並ぶ名スローだと思います。

「You Got it All」い~い曲です!

 「ザ・ジェッツ」のダンスナンバーは軽快でダンサブル!

ダンス・ナンバーとしては、

A-1「Curiosity」・・・ブイブイベースが気持ち良く唸る、軽快なダンスナンバー。ポップでファンキーで楽しい。

A-2「Crush on You 」・・・こちらはさらにダンサブル。シンセやリズムマシーンを多用したハイエナジーとファンクをミックスしたようなナンバー。ディスコでは早い時間によくかかっていたように思います。

A-4「Love Umbrella」・・・こちらもエレクトリックベースが効いた爽やかなダンスナンバー。「ザ・ジェッツ」のダンスナンバーはベースが効いているのに重苦しくないところがいいですね。

ファーストアルバム「THE JETS」!私はオススメします

適度にファンキーでダンサブルでポップ・・・ しかもスゴーク爽やか。なかなかこういうグループにはお目にかかれないんじゃないかな。確かこのCDは廃盤になっていたように記憶しているけど、こういう良盤はGETしておくべき。

ちなみに「Rocket 2 U」が入っているセカンドアルバム「Magic」は、全体的に低音がカットされ、音が洗練され過ぎてしまっているし、メンバーが中途半端に大人びてしまっているような感じがしてイマイチ・・・。

このグループが持っている本来の素朴な良さがしみじみと伝わってくるのは、このファーストアルバム「The Jets」じゃないかな?と思うんですがどうでしょう?