本日は、80年代後半のBIGディスコ・ヒット! キャリン・ホワイト「ザ・ウェイ・ユウ・ラブ・ミー」をレビューしますね。

 

The Way You Love Me

Karyn White「The Way You Love Me」1988年

こちらは12インチレコードの紹介です。(12”HYPE REMIX)

Karyn White「The Way You Love Me」

サウンド効果

ヘッドホンギャル

REMIXが凄すぎる!

強烈ディスコ・ヒット!キャリン・ホワイト「The Way You Love Me」!

REMIXバージョンが超カッコイイ!

12インチは、今聞いても本当に音が良くカッコイイ。良くできたMIXです(絶句)。

DAVE”O”という人がREMIXしているみたいですが・・・ボクが寡聞なためか知らないエンジニアです。

この曲「The Way You Love Me」 は、1988年に制作されたわけですが、当時、飛ぶ鳥を落とす勢いの「LA&BABYFACE」の作品。おしゃれでメロウでダンサブルで「この時代の音の代表」と言っても言い過ぎではないと思います・・・。

ディスコ「Queue」では、最後のトリを取ることも!

この「ザ・ウェイ・ユウ・ラブ・ミー」・・・ボビーブラウンの「エブリ・リトル・ステップ」と並んで、ディスコ「Queue」では、最後のトリを取ることも多かったんですよ~。

というのも、この12インチバージョン、イントロが強烈に格好イイ。「オーオッオオ」のかけ声と共に、野太いベースがうなり、キャリンの切なげな声がサンプラーでカットインされてくる。

も~う・・・ブラザーもシスターも踊りまくり!!このイントロ聴くだけで、ボクも昇天しそうだったです~!

 

こちらは通常のバージョン。キャリン・ホワイト・・・可愛いです。

大ヒット・スロー「スーパー・ウーマン」も見逃がせない!!

ファースト・アルバム 「Karyn White」の中には、大ヒット・スローナンバー「Superwoman(スーパー・ウーマン)」も入ってるんですよね。これもまた、泣けるんだ。。。(^ ^)

ちなみにKaryn Whiteは、ジャム&ルイスのテリー・ルイスと結婚してます。まあ・・・美人ですもんね。

これじゃあ男が放っておかないでしょう。