本日は、ディスコ・ヒット「バーン・ラバー・オン・ミー」を含む、ギャップ・バンドのアルバム「The Gap Band III」をレビューします。

 

The Gap Band III

The Gap Band「The Gap Band III」

サウンド効果

パワーギャル

アップはブイブイ!スローはしんみり・・・(魔力あり)

80sのスーパー・ディスコ・ヒット「Burn Rubber On Me」!

ギャップ・バンドと言えば、

  • 粋なカウボーイハットをかぶった黒人3人組
  • シンセベースがうなるP-Funkばりのファンキーミュージック
  • ヒップ・ホップのネタとしても超有名

といったところでしょうか・・・。

70年代後半~80年代中盤にかけてスマッシュ・ヒットを飛ばしてきたギャップ・バンド・・・

特に「Burn Rubber On Me」(通称:バーン・ラバー)は、80年代のディスコを大いに盛り上げてくれました。

イントロがカッコイイ!

車のエンジン音から始まる、印象的なイントロを覚えている方も多いのではないでしょうか?

当時は、このイントロがかかると「来た来た~!」とワクワクしたものです。

シンセベースが太い!

おまけにシンセベースがブイブイです!

彼らの曲は、どれもシンセベースが太くて、独特のブラックネスがあるんですよね。

特に、「バーン・ラバー」はシンセベース、リズムギターともカッコ良くて、どこのディスコへ行ってもかかりまくっていたものです。

間奏もカッコイイ!

そして間奏も、これまた凄くカッコイイのです。

もう・・・シンセベースうなりまくり!

これはシビれますよ。

魔力のある曲!

私は高校生の頃、広島県福山市のディスコ「フラミンゴ」で遊んでいました。

80年代当時、この「バーン・ラバー」で、ファンキーなお姉さんやお兄さんが、憑かれたように踊っていました。

ちょっと「魔力」がある曲なんですよ。

 

The Gap Band 「Burn Rubber On Me」・・・でも、なぜかイントロはカットされてます。

他の曲も大いにFUNKしてます!

When I Look in Your Eyes

のっけから、いきなりテンションが上がります。
アップテンポなファンクナンバー。ホーンの切れが冴えてます。

Yearning for Your Love

これは有名な名曲ですね。
しんみりとして、メロディーがとてもキレイなミディアムナンバー。
他の歌手もカバーしてるはず。

Humpin’

ド黒なファンク。念仏みたいに同じフレーズが続いてハマります。
「フー!」とか「ハー!」とか、掛け合いみたいなフレーズが迫力満点!

Gash Gash Gash

ボイスコーダーを使った変な声で、すごく盛り上げてくれます。
リズムギターとホーンが超カッコ良いファンク。
パーティー気分が高まります!

ヘビィーなダンスクラッシックが好きな方はオススメ!

・・・と言うわけで

大ヒット「Burn Rubber On Me」をはじめとして、ブイブイ踊れるファンクが詰まった名盤「The Gap Band III」!

ヘビィーな感じのダンスクラッシックが好きな方は、ぜひ聴いてみてください。