本日は、ファンキーと言えばこのグループ!コモドアーズの「コート・イン・ジ・アクト」をレビューしますね。

Commodores「Caught in the Act 」1975年

Commodores「Caught in the Act 」

サウンド効果

ファンキーギャル

生命力を刺激する。

強烈なファンキーに圧倒される!

このアルバム 「Caught in the Act 」は、コモドアーズ(Commodores)のセカンド・アルバムです。

ジャケットがスゴイです・・・「金目のものをチョンボしようとしてる悪いヤツラ」にしか見えません。

でも、レコードに針を落とした瞬間から、強烈なファンキーに圧倒されます!

生命力を取り戻したいのならば、70年代のコモドアーズを聴こう!

最初のアップ3連チャン・・・恐るべき「ファンキー」っぷり!70年代のパワー炸裂!

スローも入っているんですが、ただのスローではありません。今の音楽にはない「生命パワー」を感じますね。

こちらは、コモドアーズのファースト・アルバム「マシンガン(Machine Gun)」!

ライオネル・リッチーはソロになって軟弱になったのか!?

しかし、ライオネル・リッチーはソロになって、軟弱になってしまいましたね。

この頃はこんなスゴいことやっていたのに、80年代に入ってあの「オール・ナイト・ロング」などのアルバムの軟弱なこと・・・。

だいたい70年代のコモドアーズの歌といったら、「ヤングガールがどうのこうの・・・」とか、「ワイド・オープン」とか・・・・・・おそらく助平なことばっかりしか歌ってないと思うんですヨ!でも、その正直なパワーがスゴくいいんです!

元気のない草食系の人にお勧め!

枯れてしまった生命力を取り戻したいのならば、「70年代のコモドアーズを聴け!」と言いたいですね。
コモドアーズ「コート・イン・ジ・アクト」!最近元気ない草食系の人にお勧めします!

彼らのファースト・アルバム「マシンガン(Machine Gun)」(1974年)も同じく名盤!おすすめです!