本日は、ジョージ・ベンソンアール・クルーの夢の共演アルバム「コラボレーション」をレビューします。

 

COLLABORATION (SHM-CD)1987年

GEORGE BENSON & EARL KLUGH「COLLABORATION 」

サウンド効果

ギターギャル

アンニュイ(憂鬱)の中の爽やかさ!

CDの音も良い!(SHM-CD)

GEORGE BENSON & EARL KLUGH「COLLABORATION 」・・・このアルバムには一時期ハマッてしまい、一日中ずっと聴いていました。

レコードもCDも持っています。

普段CDに難癖をつけている私ですが、私が持っているCDは、SHM-CD(スーパー・ハイ・マテリアルCD)です。なので、とても音が良い。

CDの表面素材を変えているだけらしいですが、とっても音がクリアーです。

憂鬱のような、爽やかなような・・・イイ感じ

レコードの帯にはこのように書かれています。

「ジャズ・フュージョンを代表する二大ギタリスト、夢の共演/
トロピカル・アイランドからのブリーズに似た流れるようなフレージング。
100%真価を発揮したスーパー・ギター・バトル。
ファンタスティックな音のシャワー、グルーブの洪水」!

・・・言いたいことを詰め込みましたね(^◇^)

つまり・・・

  • ジョージ・ベンソンとアール・クルー
  • エレキギターとアコースティック
  • クールとウォーム
  • アンニュイと爽やか

こんな対照的な2人がコラボしたら、「こんな感じになっちゃいました!」ってアルバムです。

憂鬱のような、爽やかなような・・・実にイイ感じのアルバムです。

 

「SINCE YOU’RE GONE」・・・アール・クルーの曲です。流石に2人とも余裕で演奏してますね!

ジョージ・ベンソンのスキャットも健在

実は私・・・ジョージ・ベンソンが歌うのはあまり好きではありません。

80年代のディスコヒット「Turn Your Love Around」は、曲もボーカルもとても良かったんですが、やはり「Breezin」のようにギタ-だけで聴かせてくれる方が好き。

今回のコラボレーションは、嬉しいことに全てインストです。

でも1曲目の「MT. AIRY ROAD」だけは、ジョージ・ベンソンの「ドゥルッ・ドゥッ・ドゥッ・ドゥッ~」とスキャットが入っています。

・・・んもう、ジョージったら目立ちたがりやなんだからっ(*´Д`)=3

AORやフュージョンが好きな人ならオススメの名盤!

当アルバム「ジョージ・ベンソン&アール・クルー:コラボレーション」は、ジョージ・ベンソン、アール・クルーの他に、マーカス・ミラーの曲などが入っていて、どれも気持ちの良いものばかり。

ジョージ・ベンソンやアール・クルーが好きな人だけでなく、AORやフュージョンが好きな人ならオススメの名盤ですよ。