本日は、ファットバックの通算15作目のアルバム 「テイスティー・ジャム」をレビューしますね。

ファットバックは10人編成の大バンドです。昔は「ファットバック・バンド」って名前だったんですよね・・・。

 

Tasty Jam

FATBACK「Tasty Jam」1981年

FATBACK「Tasty Jam」

サウンド効果

パワーギャル

激しくファンキーの波が襲いかかる。

FATBACK「Tasty Jam」!とりつかれたように踊れます!

おそるべし!次から次へと、ファンキーの波が繰り出され、あなたは異次元の世界に引き込まれる!

こ・・・これは魔術?それとも原始宗教?ブラック・マジックを体験したければ、このレコードを手に入れるべし!

FATBACKって・・・初期の頃を除いて、もう、この手の「とりつかれたような」ファンクばっかし!聴いてるうちにだんだん・・・病みつきになってきちゃいます。

特にこのアルバム「Tasty Jam」は、休みなしに次々とファンキーが襲いかかる狂えるファンクアルバムなのです。とりつかれたように踊りたい方はどうぞ!

 

FATBACK「Kool Whip」不思議~なノリです。

ジャケットが危険!

このアルバム・・・当時ボクが20代の頃、たまたま中古レコード屋で見つけたんです。

もちろんジャケットに惹かれたからです。・・・「何、指を舐めてんだ、この危ない黒人の姉ちゃんは!」

・・・あまりに危ないジャケに気圧されて、ついつい買ってしまいました。

当時は、こんなレア・アルバムが中古レコード屋にゴロゴロしてたんですよね。

「Keep Your Fingers Out of The Jam」が特に危険!!

・・・で、聴いてみてハマりました。全部同じノリなんですが、アルバムを通して続く、単調なリズムとパーカッションが、なんとも言えずブラック・マジック/なんですわ!

特にA-3の「Keep Your Fingers Out of The Jam」は、まるでお経のように引き込まれる非常に危険なナンバー!

脳内麻○がドロドロ出てくるから要注意です!

FATBACK「Tasty Jam」!ハマる名盤!

もちろん、スローなんて一切ありません。ひたすらハマって、ひたすら踊れます。

しかしまあ、ファットバックさん・・・こんな危なくも気持ちいい名盤・・・良く作ったもんですね!

オススメします!