本日は、70年代から活躍しているJAZZYでFUNKYなグループ…

Brick(ブリック)のアルバム「Summer Heat」(1981年)をレビューしますね。

Brick「Summer Heat」

では、Brick「Summer Heat」について語ってゆきますね。

サウンド効果

ファンキーギャル

熱い夏を爽やかにする

レイパーカーJrによって、Brickがおしゃれなサウンドに!

Brickの「Summer Heat」…

サマー・ヒートと言うタイトルですが、 内容は「爽やか」な感じがあります。

プロデューサーはRay Parker Jr.(レイパーカーJr)。

この頃のレイパーカーは、本当に勢いがありますね^^

シェリル・リンの「シェイク・アップ・トゥナイト」や「イン・ザ・ナイト」などのおしゃれなサウンドをプロデュースしてノリにのっていた時期。

当然、このBrickのアルバムも、そんなレイパーカーJrの都会的センスが全編に流れています。

Brick 「Summer Heat」各曲

では、Brick 「Summer Heat」…

印象に残った曲をピックアップします。

Sweat

のっけから“汗っかき?”ってこと?

野太いベースがブイブイうなり、ブレイク部分ではベースとフルートのソロが格好いい!

超クール!

ディスコでは、良くかかっていました。

Wide Open

これまた、チョッパーベースがビンビン!

ホーンが鋭く切り込んで、「ワイドオープン」というかけ声とともにどんどんノってくる。

大ヒットナンバー!

Right Back

レイパーカーの古巣である「Raydio」…

その頃の曲を彷彿とさせるライト・メロウなファンク。

ベースがブイブイ。

さわやかにのれます。

Summer Heat

フルートとかけ声が絶妙に絡んで、まったりとノレます。

不思議なミディアムナンバー。

こういうのはレイパーカーの真骨頂ですね。

Sure Feels Good

これもレイパーカーお得意のインストFUNK。

クールでかっこいい。

ほとんど、Ray Parker Jr. のサウンドです!

しかし、こうして聞いてみると、

このアルバム…ほとんど、レイパーカーJRのアルバムですね~。

Brickは70年代、「Dazz」とか「Dusic」とか、かっこいい曲をやってました。

…“シブかった”って印象があるんですよ。

ボクより10年位先輩のDJは、やはりBrickをプレイしてましたよ。

レイパーカーJRの「アーバン・テイスト」で爽やかなアルバムに!

でも、このアルバム「Summer Heat」(サマー・ヒート)…

レイパーカーJRの都会的テイストが加わって、ほどよく「熱く」、ほどよく「さわやかな」アルバムに仕上がってます。

ディスコ・キッズ

「ファンキーで泥臭い感じのBRICKが好き」という人にとってはイマイチかも。

でも、ボクはイイと思うなぁ。

レイパーカーJRは「軟弱ファンク」?

レイパーカーJRを「軟弱ファンク」として敬遠する向きも多いですよね?

でも、ある意味「泥臭いファンク」だったブラックミュージックを、「都会的センス」のあるブラック・コンテンポラリーに移行させた…

その功績は、もっと評価されていいんじゃないかな?

もっとも今は、レゲエおじさんをしているみたいですが…

どうなってんだろうね?レイパーカー様。。。

昔…\_(・ω・`)

今…(((;゚Д゚))