本日は、チャック・マンジョーネのベストセラー・アルバム「ファン・アンド・ゲ-ムス」をレビューします。

 

ファン・アンド・ゲ-ムス

Chuck Mangione「Fun And Games」1980年

Chuck Mangione「Fun And Games」

サウンド効果

ギターギャル

今日も精一杯頑張った!これから楽しく遊ぼうぜー!

ディスコ「QUEUE(キュー)」の営業終了の曲「Give it all you got」

このチャック・マンジョーネのアルバム「Fun And Games」の中には、ヒット曲「Give it all you got」が入ってます。これはボクにとって懐かしい想い出の曲なんですよね。

というのは、ボクが勤めていた六本木のディスコ「QUEUE(キュー)」では、営業終了の曲がいつもこの「Give it all you got」だったんです。この曲がかかると、ゆっくりとホールの照明がアップして、営業が終了しちゃうんですよね。

この世のものとは思えぬ阿鼻叫喚の一夜が、この曲によって終わりを告げ、皆が我に返る・・・そんな状況だったんですよ。だから、この曲を聴くと、「ああ・・・今日も長い一日終わったな~」って感慨深いものを感じてしまうんですよね。

 

Chuck Mangione – Give It All You Got・・・サックスもイイ味だしてます!

ボクの愛聴盤「Fun And Games」!

Chuck Mangione(チャック・マンジョーネ)・・・ジャズの人?フュージョンの人?
実を言うと・・・ハープ・アルバートやトム・ブラウン、あるいはニニ・ロッソなんかは知っていたんですけど、このトランペッターに関してはディスコ「Queue(キュー)」に勤めるまで知らなかったんです。

でも、チャック・マンジョーネは、人をリラックスさせ新鮮な気持ちにさせる波動を持っているアーティストだなって思った。だから、この「Fun And Games」はボクの愛聴盤の一枚になってるんです。

1980年の冬季オリンピックのテーマ曲「Give it all you got」

ちなみにこのアルバム、全米ジャズLPチャートのTOPにランクインされています。また、「Give it all you got」は1980年の冬季オリンピックのテーマ曲で、邦題は「栄光をめざして」なんだって。

アマゾンのレビューでは、「今までの厳しい練習で得たものすべてをぶつけろ」という意味だそうで・・・そうか、そういう静かな闘志を秘めた曲だったんだ!と・・・新たな発見にマンゾク(*>∀<*)

ついでに言うと、チャック・マンジョーネが吹いているのは、フリューゲルホルンって言って、トランペットより、太く豊かでやわらかい音がするらしい。確かにトランペットと比べるとなんとも暖かい音色だよね。

何度聴いてもあきない!「Fun And Games」名盤確定!

ざっと曲をレビューしてみましょう。

「Give it all you got」

これを聴くと「やっと一日が終わった。今日も精一杯頑張った。さあこれから自分の好きなことしよう!」って感じになる。新鮮な気持ちになるんですよ。なんとも言えないいい曲です。

「You’re the best there is」

「ディスコの饗宴が終わって、ボクを待っている女性は誰一人いない。でも朝日は眩しく輝いていつものようにボクに元気を与えてくれる。」・・・切ないような・・・でも頑張ろうと思えるような・・・なんと言うか・・・とってもいい曲(^◇^)なんですよ。

「Pina colada」

これはアフリカとかアマゾンの現地の音楽なのかな? 原住民っぽい人達のかけ声というかラップで始まる衝撃的な曲。

80年代初めにジョージ・クランツの『DIN DAA DAA(ディンダダ)』って曲があったけど、それもこの曲からヒントを得て作られたんじゃないかな?イントロの衝撃的なラップから、ノリのいいフリューゲルホルン演奏に変化してゆきます。なかなか熱いものがありますよ。

「I never missed someone before」

これも非常にリラックスできる名曲。フリューゲルホルンとハーモニカが絶妙のハーモニーを奏でてます。

「Fun and games」

思わず口ずさんでしまうキャッチーなメロディー。リズムギターとベースとトランペットが奏でるアンサンブルがとても心地良いです。

いつのまにか体を揺らしてノッてしまう不思議なナンバー。これはイイですよ~。

 

・・・というわけで、チャック・マンジョーネのこのアルバム「Fun And Games」は何度聴いてもあきないです~!名盤確定!オススメしますよ。