本日は、80sダンクラ名盤として名高い、ワン・ウェイの「フーズ・フーリン・フー」をレビューしますね。

 

フーズ・フーリン・フー

One Way「Who’s Foolin’ Who」1982年

One Way「Who’s Foolin’ Who」

サウンド効果

ファンキーギャル

暖かい気持ち、まったりと眠くなる

ビッグ・ディスコヒット「Cutie Pie(キューティーパイ)」!

このアルバムの真骨頂は、ご存じA-1「Cutie Pie(キューティーパイ)」!

この曲の太くて重いブイブイなベースで、思わず腰がグラインドしてしまいます。

「Cutie Pie」はOne Wayの\BIGダンスヒット/です。途中で入る“仏壇の鐘”みたいな音と重いベースがとっても不思議なグルーブを生み出しています。

ジャケットが色っぽい

しかし、このジャケット・・・グラマーなシスターが受話器を片手に下着姿でベットに寝ころんで、こちらを見つめていまっせ~!こんなジャケット・・・これは買いたくなるだろ~ぉ。

・・・販促・・・いや反則ですよ~。

 

One Way「Cutie Pie」

ディスコ「Queue」のDJ・・・Tさんの影響

ボクがこのワン・ウェイのレコード「Who’s Foolin’ Who」を欲しいな~と思ったのは80年代の終わりごろの事。

ディスコ「Queue」のDJだったTさんが、とにかくワン・ウェイが大好きで・・・何かというとこの「Cutie Pie(キューティーパイ)」をかけてたんですよね。

そのTさんはアメリカがことのほか大好きで、結局DJをやめたらレコード輸入ショップかなんかを高田馬場でやったりしてたんです。

ボクもそんなTさんにモロ影響を受けてしまい、「ワン・ウェイ」とか「ファット・バック」などの激重ファンクにハマッてしまいました。・・・「Queue」のTさん、今はどうしているのだろう。。。

 

ワン・ウェイはコチラも好きです・・・ONE WAY Ⅸ「You Better Quit 」

名ミディアム・ナンバー「Who’s Foolin’ Who」

さてこのOne Wayのアルバム「Who’s Foolin’ Who」ですが・・・バリバリのダンスアルバムという感じではなく、スローが多いですね。でも、どの曲も暖かい感じがして、まったりと落ち着きます。

そして、ボクにとってなつかしいのが、タイトル曲の「Who’s Foolin’ Who(フーズ・フーリン・フー)」。

昔、米軍のラジオ放送「FEN」の中で、ファンキーな曲をかけるかっこいい番組があったんです。当時ボクは大学生だったんですが、勉強そっちのけで良く聴いていたんですよ。 そこで、この「Who’s Foolin’ Who」がかかっていて好きになっちゃたんですね~。ですので、ボクにとってはこの曲は大学時代を思い出す懐かしいナンバーなんです。

「Who’s Foolin’ Who」・・・決して派手なところはないミディアムナンバーなんだけど、暖かくて、なんだか「ほっ」とするんですよね。

とにかく「Cutie Pie(キューティーパイ)」の激重っぷりに脱帽!

・・・と言うわけで、このアルバム「Who’s Foolin’ Who」は、ディスコ・ダンスアルバムではなく、どちらかと言えばミディアム・スロー中心の地味なアルバムです。

でも、A-1の「Cutie Pie(キューティーパイ)」だけは、比類なき激重ダンスナンバー!是非、皆さんに聞いてもらいたいですね。